JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【寺岡沙弥香が通算5アンダーパーで単独首位】
第2日 競技報告:JGA 写真:Y.Watanabe / Y. Kawatani
寺岡沙弥香
仲村果乃
2022年度(第63回)日本女子アマチュアゴルフ選手権競技の第2ラウンドが、岐阜県関市の岐阜関カントリー倶楽部東コース(6,568ヤード パー72)にて142人の選手が出場して行われた。前日から降っていた雨は、正午には上がり、午後はプレーしやすいコンディションとなった。

前日首位に並んでいた寺岡沙弥香(ナパラG一本松C)が、4バーディ、1ボギーの3アンダーパー69をマークして、通算5アンダーパーとして単独首位に立った。「この大会で60台を出すことが目標だったので、出すことが出来てうれしいです。明日からはピン位置も難しくなると思うけど、もう1回60台を出したい」と目を輝かした。

2位
幸田彩里
吉田鈴
には1打差の通算4アンダーパーで仲村果乃(日清都CC)と、この日14番ホール(196ヤード)でホールインワンを達成した幸田彩里(早稲田大)の2人がつけ、さらに2打差で橋本美月(東北福祉大)、小俣柚葉(東京五日市CC)の2人が続いている。上田澪空(共立女子二高)は通算1アンダーパーの6位タイ、吉田鈴(千葉夷隅GC)は通算イーブンパーの10位タイにつけている。

なお、馬場咲希(TEAM KGAジュニア)は、ショットが不調でスコアメイクに苦しみ、75で通算3オーバーパーの33位タイに後退した。36ホールを終了して通算5オーバーパーの55位タイまでの68人が明日の第3ラウンドに進んだ。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約