JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【幸田彩里が自身初のホールインワンで2位タイ】
第2日 競技報告:塩原義雄 写真:Y.Watanabe / Y. Kawatani
首位タイで第2日のラウンドをスタートした幸田彩里が、ホールインワンを決めた。インからのスタートで11番パー4をバーディにする幸先の良い第2日となったが、14番パー3ではホールインワンを記録した。196ヤードと距離の長いパー3で、幸田が手にしたクラブは5W。打ち出されたボールは、ピンに向かい、手前でバウンドすると静かに転がってカップに消えていった。ところが、肝心の幸田はカップインの瞬間を見届けていなかった。

「いいショットが打てたという手応えはありました。だから、打ち終わってティーを拾っているうちにカップインしてしまっていたようなんです。同伴競技者に“入ったんじゃないの”といわれて、あわて
て距離計測器をつかってボールを探しましたが、グリーン上には見当たらなかったので、“本当に入ったのかも…”と、ちょっとドキドキしながらグリーンにいき、カップをのぞき込んだら、本当に入っていました。生涯初のホールインワンの瞬間を見逃してしまいました」

アウトにターンして5番パー3でもバーディを奪い、この段階で通算6アンダーパーにまでスコアをのばしたのだが、8、9番と上がり2ホールを連続ボギーにして、2位タイにとどまることになった。8番はショットミス、9番は3パットだった。

さて、ホールインワンと上がり2ホールの連続ボギーは、幸田にとってどんな価値として位置づけられるのだろう。

「ホールインワンは見損なってしまいましたし、連続ボギーは仕方がないと思える状況でもあったので、どちらも“まあ、そんなものか”という感じで、感動もダメージも、あまりありません。どちらかといえば、気持ちはフラットなままですね」

本当の感動は、優勝したときにこそ味わえるものなのだろう。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約