JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【69で2位タイ浮上の仲村果乃はポジティブ思考の持ち主】
第2日 競技報告:塩原義雄 写真:Y.Watanabe / Y. Kawatani
良いことがあれば、悪いこともある。禍福は糾える縄の如しー。よくいわれることだが、仲村果乃のとらえ方は、ちょっと違う。良いことがあれば「これは、まだまだ続く」だし、悪いことがあれば「次は良いことが待っている」というのが果乃の志向なのだ。「私は、おおらかというか、適当というか、楽観的というか、最大限の評価をすればポジティブ思考の持ち主だと思います」というのが自身の分析である。

大会に臨むにあたり、良いことがあった。ちょっと悩まされてきたパッティングに閃きがあったというのだ。「なんかストロークにぎこちない思いがあったのですが、ボール位置をちょっと体からはなしたら、スムーズにヘッドが動くようにな
ったんです。練習グリーンで確認すると、自分の思ったところにボールを打ち出せるようになったし、想定したラインにしっかり乗っていってくれました。“これなら決められる”って、自信を持ってコースに出られるようになりました」

良いことがあれば「これは続く」という思考の持ち主である。第1日は71とアンダーパー発進だった。そうなると、第2日は「もっと良くなる」と持ち前のポジティブシンキングで、スタートのインを2バーディの34でアウトにターンすると1、2番は連続バーディ。4ホールのバーディは5㍍、3㍍、2㍍、4㍍の距離を沈めたものだった。3番では3パットのボギーを叩いたが、これも仲村流解釈だと「調子に乗り過ぎてはいけないという、ありがたい忠告でした。もちろん、悪いことは続かないと思っていますから、ちょっと慎重にゴルフを続けました」ということで4番からは6ホール連続でパーをキープして69でホールアウトした。

舞台になっている岐阜関カントリー倶楽部東コースは6568㍎とたっぷり距離がある。また仲村の話だ。「自分向きだと思います。一番得意なクラブがユーティリティ(22度、25度の2本)で、どちらも3パターンの弾道を打ち分けられます。このコースは、そのユーティリティクラブを使うことが多いので、ゴルフが楽なんです。コースとの相性は抜群です」

連日のアンダーパーマークが、仲村の発言を裏付けている。良いことは続く。仲村の快進撃は、まだ続きそうだ。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約