JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【寺岡沙弥香と仲村果乃が首位併走】
第3日 競技報告:JGA 写真:Y.Watanabe / Y. Kawatani
寺岡沙弥香
徳永歩
2022年度(第63回)日本女子アマチュアゴルフ選手権競技の第3ラウンドが、岐阜県関市の岐阜関カントリー倶楽部東コース(6,568ヤード パー72)にて予選を通過した68人の選手が出場して行われた。

前日首位の寺岡沙弥香(ナパラG一本松C)が通算8アンダーパーで、この日68で回った仲村果乃(日清都CC)と並んでトップを守った。2打差の3位に幸田彩里(早稲田大)がつけ、第4ラウンドは第3ラウンドの最終組の3人がそのまま、最終組で回る。

昨年の二の舞は踏まなかった。昨年の本競技では2日目に67をマークして、3位タイに浮上した寺岡は3日目、最終組でプレーした。しかし、寺岡は78を叩き、最
仲村果乃
終的には32位タイに終わった苦い経験がある。今日は「最終組で優勝争いをして緊張するというより、去年のことがあったので、変な緊張があった」という。だが、この日は4バーディ、1ボギーの3アンダーパー69で回り、昨年の悔しさを晴らした。優勝すれば、プロテストは1次,2次を免除され、最終プロテストから受けることが出来る。「なんとしても優勝して最終から行きたい」と逃げ切りを図る。

この日、ベストスコアの66をマークした徳永歩(ECC学園高)が通算4アンダーパーで、橋本美月(東北福祉大)、田中こころ(岐阜北CC)、島袋ひの(カヌチャG)、池ヶ谷瑠菜(涼仙GC)らと並んで4位タイにつけている。馬場咲希(TEAM KGAジュニア)は、5バーディ、1ボギーの4アンダーパー68をマークして、通算1アンダーパーで12位タイに浮上した。競技は明日、いよいよ最終日を迎える。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約