JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【幸田彩里は最終組のバーディ合戦に乗り遅れて2打差の3位】
第3日 競技報告:塩原義雄 写真:Y.Watanabe / Y. Kawatani
寺岡、仲村とともに最終組でスタートした幸田の前半は、戸惑いの中にいた。2番のボギーを4番のバーディで取り戻したものの、同組の2選手の足並みが思っていたよりもずっと速かった。

仲村はスタートからの6ホールで5バーディ。寺岡も3番こそボギーにしたものの、そこから7番までに4バーディとスコアを急上昇させていた。

幸田は両選手の勢いに押されていた。

「自分では、この大会に入って、一番調子がよかったんですけど、ふたりにちょっとあおられてしまって…。ひとり取り残されているような気持になっていました」

二人のバーディ合戦は、寺岡の10番で急に下火になった。幸田が、ようやく自分のペース
を取り戻したのは、そこからだった。嵐の去った海に一人で船を乗り出したような、解放された気分だったようだ。11、17番と2つのバーディを決めて、両選手に2打差の3位でホールアウトした。

「置き去りにされかけましたけど、なんとか二人の背中に近づいて終われたのはよかったと思います。2打差なら、どうにもならないという差ではないので、慌てずに追撃します」

最終日も最終組は、第3日と同じ顔合わせになる。「そうですね。できれば、今日とは逆に私がスタートダッシュをかけたいところですけど、最終的に勝負はバックナインに入ってからだと思っているので、じっくり構えていきます」

幸田の、この落ち着きが不気味だ。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約