JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【インの爆発で4位グループに浮上した田中こころ】
第3日 競技報告:塩原義雄 写真:Y.Watanabe / Y. Kawatani
1、2番を連続バーディ発進したものの、田中はそこからずるずると後退していった。3、4番の連続ボギーで貯金を吐き出した上に、7、9番もボギーにして通算でも1オーバーパーとなった。田中には「上がりホールで3パットすることが多い」という妙なところがある。「また、やってしまったか…」と意気消沈しかけたところに声が掛かった。キャディーを務める父親だった。

「ここからだ。気持ちを切り替えて目の前の1打に集中していけ!」

岐阜市内で居酒屋を営んでいる父親は、キャディーを終えるとコースからクルマで30分ほどの店にかけつけ営業を始める。お父さんは、頑張っている。

気持ちをリセットして臨んだ10番パー5ホールでバーディがとれた。さらに13番からは、“いいこと”が待っていた。まず、13番。第2打をグリーン手前花道にショートさせたが、ここからのアプローチショットがチップインとなった。そして14番パー3では5UTのショットが4㍍についた。まだ続く。15番パー5ホールでは第2打をレイアップしたあと、80㍎を52度のウェッジで打つと、これまた4㍍に寄った。3連続バーディである。

さらにいいことが続いた。17番パー4ホールの第2打。8番アイアンで打ったショットが、ピンそば30センチについた。後半のインは、5バーディの31。通算で4アンダーパーにまで盛り返し、4位グループにまで浮上した。この勢いが最終日まで引き継がれれば、トップとの4打差も十分に追い上げられる。親子のコンビは、第3日に何か大きなものを掴んだように思える。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約