JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【67の好スコアで島袋ひのが16位グループから4位グループに浮上】
第3日 競技報告:塩原義雄 写真:Y.Watanabe / Y. Kawatani
今年の日本女子アマには“プロ予備軍”が大量に出場している。沖縄出身の島袋ひなも、そのひとりである。これまで3回のテスト挑戦で跳ね返されてきた。「今年こそ合格したい」と願う島袋は、思い切って環境をかえた。

沖縄から拠点を栃木県に移したのが、それである。そして中嶋常幸アカデミーの門をくぐった。さらに中嶋ゆかりの東松苑GCをホームコースにして練習を続けてきた。

今回が3度目の日本女子アマ出場だ。昨年はプロテストと日程がかぶって出場できなかった。2年ぶりの大会。出場するにあたっては中嶋から「今の状態なら大丈夫。いつも通りのゴルフでいいから、普通にやってこい!」と送り出されたという。

第1日は71とまずまずのスタートだったが、第2日はスコアをまとめきれずに74とやや後退した。「第2打でグリーン奥まで突っ込んでしまい、難しいシチュエーションにしてしまったのが原因です」ということで、その反省から、第3日はできるだけピンの手前から次の1打を打つように心掛けました」。ショット、パットともに第2日までとほとんど変わりはなかった。それでいて、スコアを大きく伸ばせたのは、このコースマネジメントがあったからだ。

「ミスなく、淡々とゴルフができました。中嶋さんに言われた“普通にやってこい”というのは、こういうゴルフのことだったんだな…って、納得しました。最終日も淡々とプレーを続けてノーボギーで回りたい。意気込みすぎずに普通にゴルフをする。今日みたいに穏やかな気持ちでゴルフをしたいですね」

環境を替えて新天地で積んできた経験値は、本人が感じているよりも島袋の中で大きく育っていたようだ。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約