JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【最初の6ホールで5バーディを奪った仲村果乃が首位に並ぶ】
第3日 競技報告:塩原義雄 写真:Y.Watanabe / Y. Kawatani
2位タイの最終組で迎えた仲村の第3ラウンドは、連続バーディ発進だった。実は、これで3日続けて1、2番は連続バーディである。仲村の攻撃は、これだけでは終わらなかった。3番をボギーにしたものの続く4番からは3連続バーディ奪取で、最初の6ホールでスコアを一気に8アンダーパーにまで伸ばした。ロケットスタートである。しかし、これで噴射エネルギーを使い果たしてしまったように勢いは止まってしまった。7番からは、ひたすらパー行進を続けることになる。

「もっと伸ばそうとは思ったのですが、乗っても長い距離が残るようになって、チャンスらしいチャンスは作れませんでした。しのぐ展開になってしまいました」

足りない結果?

「そういう見方もありそうですが、私としては、パーでしのぎ切れたのをプラスに考えます。これは、これで自信になりましたから」

奈良龍谷大の3年生。プロ志向が強い。高校3年で初めてプロテストを受け、昨年も6月、11月と2度受けた。昨年は、2度ともファイナルまで進んだが、そこで涙を飲んでいる。今年の挑戦は二次からだが、一気にファイナルへの挑戦の道がある。それは、日本女子アマで優勝すること。

「はい、強く意識しています。だから最終日も60台のスコアをだして勝ちたいです。勝った勢いでプロテストもそのまま突っ走りたいです」

仲村の狙いも、首位タイに並んだ寺岡と同じ優勝&プロテスト・ファイナルだった。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約