JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
日本のスポーツを応援しよう・スポーツ振興基金
Championship Reports
競技報告
【ディフェンディングチャンピオン不在の今年の日本女子学生を制するのは果たして?】
大会前 競技報告:JGA 写真:JGA
稲垣那奈子
2022年度(第58回)日本女子学生ゴルフ選手権競技は、明日24日(火)、千葉県のカレドニアン・ゴルフクラブ(6,397ヤード パー73)にて48人の選手が出場して行われる。

前年優勝の星川ひなのは卒業の為、前年2位の橋本美月は、今週開催の世界女子アマチュアゴルフチーム選手権(8/24~27フランス)出場の為不在。誰が優勝してもおかしくない群雄割拠の大混戦が予想される。注目選手はナショナルチームメンバーの稲垣那奈子(早稲田大4年)、日本女子アマチュアゴルフ選手権3位タイの幸田彩里(3年)、関東女子学生ゴルフ選手権を制した市村杏(日本大1年)、7月の世界大学ゴルフ選手権で日本チームで3位入
賞を成し遂げた荒川怜郁(中部学院大3年)、神谷奈恵(大阪学院大4年)、佐藤美優(東北福祉大3年)など。精鋭48人が出場し「大学女子学生ゴルファー日本一」の称号をかけて争う。

ナショナルチームメンバーの稲垣那奈子も現在大学4年生で最後の日本女子学生の出場となる。「最後という感覚はありませんでしたね。これまで3回出場して1年生は4位でしたけど、あまりいい成績を残せていないので、今年は頑張りたいです。グリーンがハードなコースなので、ナショナルチームで学んできた事を生かして3日間頑張りたいと思います。ロングホール5ホール中、3ホールで2オンできそうなので、ショットの調子はあまり良くないですけど、ロングでこぼさずしっかりバーディーを取っていくことが大事だと思います。日本女子アマでは、出だしでコケてしまったので、明日は手堅く、イーブン、60台を目指しますけど、あまり欲張らずに頑張りたいと思います。」

ナショナルチームの集大成の場として最後の日本女子学生にのぞむ稲垣。スタートダッシュで好発進なるか。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約