JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
National Sports Festival/Sports Masters Japan
[ 国民体育大会・
日本スポーツマスターズ ]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
フォトギャラリー
国民体育大会・日本スポーツマスターズ日程
Championship Reports
競技報告
【団体戦は愛知県と兵庫県が優勝を分け合う】
第2日 競技報告:JGA
個人戦優勝 牧草眞由美
日本スポーツマスターズ2022岩手大会最終日は、第2ラウンドが行われた。首位スタートの兵庫県が16オーバーパーとスコアを落とす中、トップから7打差の6位タイにつけていた愛知県が川口啓子が73でホールアウトすると鈴木智子も80と粘りのプレーで、この日チームスコアを9オーバーパーとし、通算25オーバーパーで兵庫県とともに優勝を成し遂げた。 2打差で3位タイには栃木県と大阪府が入賞した。

個人戦は牧草眞由美(京都府)が通算152ストロークとし、2位タイの黒木蘭(東京都)、若松和代(鹿児島県)、西下裕美(大阪府)らを1ストローク差で振り切り優勝した。

来年は福井県若狭町のわかさカントリー倶楽部で開催される。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約