2023年度(第33回)日本シニアオープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
【JGA公式SNS】
Twitter Facebook YouTube Instagram
Championship Reports
競技報告
【増田伸洋は4位タイで二つの目標をクリア】
第4日 競技報告:塩原義雄    写真:Y.Watanabe/K.Aida
今大会でシニアルーキーの増田伸洋は、ふたつの目標を胸に秘めていた。ひとつは、15位以内に入って、千葉カントリークラブ・川間コースで開催される2024年大会の出場権をつかむこと。そして、もうひとつは「とにかくできるだけ上位に入って賞金ランキングでシード圏内に食い込むこと」であった。通算7アンダーパーの5位タイで迎えた18番ホールで決めたバーディには、その思いが強く込められていた。このバーディで4位タイとなり、シーズン獲得賞金は810万円を超えて、現状でのランキングは10位にまで浮上した。間違いなくシード圏内突入である。「早くそこまで行って楽な気持ちでプレーしたいんです」と大会前から口にしていた。
最終予選会の順位が23位で試合出場が限られていたことが、プレッシャーになっていたのであろう。そこから今大会の4位タイでほぼ100%解放された。
次の試合は日本プロシニアゴルフ選手権である。「それと、あと1試合ですかね。でも、日本プロシニアが楽しみになりました」。

実は2日目の朝、緊張していることを見抜かれていたようで、室田淳に声を掛けられた。「ルーキーだからって遠慮せずに思いっきりいってこい」と。肩の力が抜けたのを感じたという。結果ヨシ。そして、初出場での貴重な経験も積んだ。増田の本当の進撃はこれからだ。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約