JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
International Championships
[国際競技]
大会のみどころ
成績
組合せ・スタート時刻
競技報告
出場選手
競技概要
フォトギャラリー
大会の記録
国際競技日程

JGA National Team
Official Partner
DESCENTE
SRIXON
Footjoy
JGA National Team
Official Supporter
SUNSTAR
ThreeBond
森ビル株式会社
DOLE
エアウィーヴ
国際交流事業は(公財)ミズノスポーツ振興財団から助成を受けております。
ミズノスポーツ振興財団
toto
JGA選手育成強化事業は、競技力向上事業助成金を受けて実施されています。
日本スポーツ振興センター
Championship Reports
競技報告
【新地真美夏が個人戦首位タイと奮闘し、日本チームは23位タイスタート】
第1日 競技報告:JGA 写真:JGA
上田澪空
2023年度(第30回)エスピリトサントトロフィー世界女子アマチュアゴルフチーム選手権が25日、UAEのアブダビゴルフクラブで開幕した。前週開催の世界アマチュアゴルフチーム選手権での熱戦の記憶も鮮やかなうちにスタートした第1ラウンドは、中東特有の熱波が選手たちを襲った。日本チームがティーオフした正午過ぎには温度計は気温45度と想像を超える数値を示し、メンバーは世界一を争う舞台での緊張と慣れぬ環境に苦しめられたが、最後まで必死に集中をつなぎとめ、新地真美夏が個人戦首位タイに並ぶ4アンダーパーをマークしてチームに貢献。エースの橋本美月は、前半4つスコアと落としたものの後半は1オーバーパーで粘りきり
新地真美夏
橋本美月
5オーバーパーでホールアウト。上田澪空は6オーバーパーで不採用スコアに終わったが、日本チームは1オーバーパーの23位タイで第1ラウンドを終えた。首位に立ったのは6アンダーパーをマークしたスペイン、1打差2位にカナダ、さらに1打差の5アンダーパーでアイルランドが3位につけている。ディフェンディングチャンピオンのスウェーデンは、2アンダーパーの10位タイと好位置から大会連覇に向けて逆転を狙う。

本選手権初出場のプレッシャーに、日本チームが誰も経験したことがない気温45度という厳しい環境の中、新地真美夏が出色のプレーを見せた。日本チームの3人目として今大会をスタートした新地は、スタートの10番(パー5)でバーディを奪う。16番でボギーを叩いたが17、18番の連続バーディで前半を34で終える。少し風が出て過ごしやすくなった後半は1番から4番までボギーとバーディが交互に来る展開も耐え凌ぎ、6番でバーディを決めると、続く7番(パー3)でもスコアを伸ばして、この日7バーディ・3ボギーの68でホールアウト。個人戦首位タイとなる4アンダーパーでチームに大きく貢献し、洗剤尿力の高さを知らしめた。
先陣を切ってスタートした橋本美月も酷暑に苦しみながらも17番を終えて2ボギーと必死のプレーを見せる。18番(パー5)でダブルボギーを喫してしまい、前半を4オーバーパーするが、諦めること無く後半も堅実なプレーを見せて4番のボギーで凌ぎきった。橋本はこの日、3ボギー・1ダブルボギーの77でホールアウト。5オーバーパーながら、粘りのプレーは明日につながる光明を感じさせた。
上田澪空は、厳しい1日となった。出だし10番のボギーで躓いたのか12番から3連続ボギーを叩くなど、前半で5つスコアを落としてしまう。それでも、後半は1バーディ・2ボギーの37にスコアをまとめ、この日6オーバーパーでプレーを終えた。上田は橋本とともに前回大会に続いての出場。世界一の座にあと一歩まで迫りながらも1打差で惜敗した悔しさを晴らすために、明日からの巻き返しを誓う。

本選手権の情報は、公式SNSでもご覧いただけます。
●JGA公式X(旧ツィッター)はこちら

●JGA公式インスタグラムはこちら

●JGA公式フェイスブックはこちら

●JGA公式YouTubeチャンネルはこちら

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約