JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
International Championships
[国際競技]
大会のみどころ
成績
組合せ・スタート時刻
競技報告
出場選手
競技概要
フォトギャラリー
大会の記録
国際競技日程

JGA National Team
Official Partner
DESCENTE
SRIXON
Footjoy
JGA National Team
Official Supporter
SUNSTAR
日本化成
ThreeBond
森ビル株式会社
DOLE
エアウィーヴ
JGA National Team
Supporting Company
EF
国際交流事業は(公財)ミズノスポーツ振興財団から助成を受けております。
ミズノスポーツ振興財団
toto
JGA選手育成強化事業は、競技力向上事業助成金を受けて実施されています。
日本スポーツ振興センター
Highlight
大会のみどころ
2023年度(第30回)エスピリトサントトロフィー 世界女子アマチュアゴルフチーム選手権
世界女子アマチュアゴルフチーム選手権 日本代表選手の紹介

2022年大会では、上田澪空、橋本美月、馬場咲希のメンバーで優勝のスウェーデンに1打差の3位入賞と悔しい結果に終わりました。本大会では、その悔しさを知る上田澪空と橋本美月に、今年ナショナルチームメンバー入りを果たした新地真美夏を代表に選考。昨年大会のリベンジを果たし悲願の初優勝を目指します。

上田 澪空(うえた みく)
(共立女子第二高校3年)

クイーンシリキットカップ、ネイバーズトロフィーに続いて日本代表に選考された上田澪空(共立女子第二高校3年)。今年は、全日本女子アマチュアゴルファーズ選手権優勝、関東女子ゴルフ選手権で15位の成績を残しているものの、日本女子アマチュアゴルフ選手権、日本ジュニアゴルフ選手権では悔しい結果に終わりました。苦しい時期を過ごしていますが、徐々に調子も上向いており、世界最大のアマチュアチーム選手権である本選手権に向けて気持ちも盛り上がっています。昨年大会の喜びと悔しさを知る選手として、本大会にかける思いは強い上田の活躍が期待されます。
 
  新地 真美夏(しんち まみか)
(共立女子第二高校1年)

2023年にJGAナショナルチームメンバーとなった新地真美夏(共立女子高校1年)が、ネイバーズトロフィーチーム選手権に続いて日本代表として本選手権に出場します。初の日本代表として臨んだネイバーズトロフィーでは、個人戦を制する活躍でチーム戦優勝に貢献し、そのポテンシャルの高さを示しました。今年のオーストラリア マスター オブ アマチュアで優勝の荒木優奈に6打差の2位と活躍の場を世界に広げている新地。JGAナショナルチームの次代のエース候補としての成長が期待される選手の一人でもある新地のプレーが日本チームを悲願の初優勝に導くか。そのプレーに注目が集まります。
 
  橋本 美月(はしもと みづき)
(東北福祉大学3年)

2022年クイーンシリキットカップで個人戦優勝を果たし、日本チーム20年ぶりの優勝に導いた橋本美月(東北福祉大学3年)が、再び日本チームのエースとして世界女子アマチュアゴルフチーム選手権に出場します。2022年から積極的に海外競技に挑戦してきた橋本の2023年はオーストラリアアマチュア選手権優勝で幕開けし、幸先の良いスタートを切りました。クイーンシリキットカップで連覇は逃したもののチーム戦3位タイに貢献。ネイバーズトロフィーチーム選手権でもチーム優勝に輝きました。しかし、その後はパッティングに苦しみ、思うような成績を残せない日々が続きましたが、日本女子学生ゴルフ選手権で復調の気配を感じさせるゴルフで2位タイ入賞と調子を取り戻しつつあります。国際競技で無類の強さを見せ、チームのエースとして活躍を続ける橋本。上田とともに昨年大会のリベンジへの強い思いを胸に、今大会に臨みます。
世界アマチュアゴルフチーム選手権略史
1957年(昭和32年)に霞ヶ関カンツリー倶楽部にて開催されたカナダカップの際、当時JGA副会長の野村駿吉が、USGAとの間でアマチュアの対抗競技会を提案した、この提案がUSGAを動かし、R&Aを賛同させ、結果的に世界35カ国のゴルフ協会、連盟を会員とする「世界アマチュア・ゴルフ・カウンシル(WAGC)/ 現国際ゴルフ連盟(IGF)」の設立となって、1958(昭和33)年の第1回大会開催へとつながった。日本では1962年(川奈)、2014年(軽井沢72)の2度開催されている。
大会の呼び名は、時の米国大統領で、歴代大統領の中では最もスポーツに理解があり、ゴルフにも多大な貢献を果たしていたD.アイゼンハワー氏にあやかって『アイゼンハワートロフィー』と名づけられた。過去、日本は1984年香港大会で優勝、1974年ドミニカ大会、1976年ポルトガル大会、1982年スイス大会の3度2位となっている。

女子は、アイゼンハワートロフィー創始から7年後の1964年(昭和39年)に第1回大会が開催され、『エスピリトサントトロフィー』と呼ばれ、今日まで続けられている。

過去、日本は1984年香港大会、1988年スウェーデン大会、1990年ニュージーランド大会、2004年プエルトリコ大会の4位と結果を残し、2018年のアイルランド大会では過去最高の2位。2022年のフランス大会では、優勝のスウェーデンと1打差の3位入賞と悲願の初優勝にあと一歩に迫った。
2023年大会からは世界アマチュアゴルフチーム選手権・世界女子アマチュアゴルフチーム選手権の参加資格が定められ、両選手権とも参加資格を満たす36チームが出場することとなった。
開催コース紹介
Abu Dhabi Golf Club
アブダビゴルフクラブは、ピーター・ハラディンの設計により、2000年5月に開場した27ホールのチャンピオンシップコース、世界最高クラスの27ホールのチャンピオンシップコースとして知られ、ファルコンの翼を模した印象的なクラブハウスとあわせて、UAEを代表するゴルフクラブとして「スーパーコース」と評されるほど名を馳せています。
162ヘクタールの敷地に展開する雄大なホールは、戦略的に配されたバンカー、大きなグリーンが特徴で、16回連続でアブダビHSBCチャンピオンシップが開催され、世界的に高い評価を受けています。ナショナルコースは、あらゆるレベルのゴルファーの持つ技量をテストするようなデザインで、リスクを取ったショットに報酬が与えられるユニークなレイアウトでゴルフファンに知られています。

2022年度(第29回)エスピリトサントトロフィー 世界女子アマチュアゴルフチーム選手権 競技報告
ページトップ
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護