JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
International Championships
[国際競技]
大会のみどころ
成績
組合せ・スタート時刻
競技報告
出場選手
競技概要
フォトギャラリー
大会の記録
国際競技日程

JGA National Team
Official Partner
DESCENTE
SRIXON
Footjoy
JGA National Team
Official Supporter
SUNSTAR
ThreeBond
森ビル株式会社
DOLE
エアウィーヴ
国際交流事業は(公財)ミズノスポーツ振興財団から助成を受けております。
ミズノスポーツ振興財団
toto
JGA選手育成強化事業は、競技力向上事業助成金を受けて実施されています。
日本スポーツ振興センター
Championship Reports
競技報告
【橋本美月が69をマーク。日本チームは通算-2で15位に浮上】
第2日 競技報告:JGA 写真:JGA
橋本美月
新地真美夏
上田澪空
ホールアウト風景
2023年度(第30回)エスピリトサントトロフィー世界女子アマチュアゴルフチーム選手権は26日、UAEのアブダビゴルフクラブで第2ラウンドを行った。日本チームは、個人戦首位タイスタートの新地真美夏が1オーバーパーと1つスコアを落とし不採用スコアに終わったが、前回大会の悔しさを知る2人が奮起。橋本美月が3アンダーパー69をマークすると、上田澪空も最後まで集中を切らさずパープレーにスコアをまとめ、チームスコア3アンダーパーでホールアウト。通算2アンダーパーで23位タイから15位に順位を上げて、明日のムービングデーを迎えることになった。首位争いは混戦模様。通算13アンダーパーでタイ、オーストラリア、スペインが首位グループを形成。2打差の通算11アンダーパーで4位に韓国、さらに4打差の5位タイにアメリカ、イギリスがつけている。前回大会優勝のスウェーデンは、通算2オーバーパーで首位と15打差の17位タイと大会連覇は厳しい状況となった。

第2ラウンドの日本チームの一番手は、橋本美月。今年はパッティングの調子が上向かず、橋本らしい笑顔が見られない日々が続いたが、この日はスタートから安定感あふれるプレーでチームに貢献した。1番で幸先よくバーディを決めると、4番(パー3)でバーディ。後半も11番でバーディを奪取し、この日3バーディ・ノーボギー69の3アンダーパーでホールアウト。個人戦も通算2オーバーパーの49位タイに順位を上げた。徐々に調子を上げてきた感のある橋本。今年1年は国内でも幾度課優勝争いの一角には食い込むものの、満足できる成績を残すまでは至っていない。前回大会のリベンジも含めて、明日も国際経験豊富な橋本のプレーでチームをさらなる上位進出に導きたいところだ。

2番手を務めたのは上田澪空。上田もまた、今年は思うような成績が残せず苦しいシーズンを過ごしているが、ショットも徐々に安定感を取り戻している。この日も前半をスコアカード通りのプレーで終えると、10番(パー5)、11番で連続バーディを奪取。13番からの連続ボギーで惜しくもこの日はパープレーに終わったが、復調への手応えは掴みかけている。橋本同様、前回大会の悔しさを知る上田。日本チームの浮沈の鍵を握る選手として、明日も最後まで粘りのプレーを見せたいところだ。

初めての世界女子アマチュアゴルフ選手権で個人戦首位タイスタートと鮮烈なデビューを飾った新地真美夏。第2ラウンドも非凡な才能を感じさせるプレーを見せた。1番をボギーとした新地は3番でスコアを戻すも6番でボギーを喫し、前半で1つスコアを落とす。後半も11、16番のボギーで3オーバーパーとスコアを崩すが、17、18番の上がり2ホールを連続バーディで締める。この日は3バーディ・4ボギーの73と不採用スコアに終わったが、個人戦は通算3アンダーパーで首位と7打差ながら10位タイと上位をキープしている。今大会で日本チームの次世代エース候補の存在感を示せるか。のこり2日間も、新地のプレーに注目だ。


本選手権の情報は、公式SNSでもご覧いただけます。
●JGA公式X(旧ツィッター)はこちら

●JGA公式インスタグラムはこちら

●JGA公式フェイスブックはこちら

●JGA公式YouTubeチャンネルはこちら


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約