日本オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
JGAオフィシャルスポンサー NEC 特別協賛 セイコースポーツライフ Hisamitsu
History [ 歴史・過去の大会 ]
2006年大会ハイライト
大会の歴史
歴代優勝者
過去の大会
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
Championship Highlight 2006
2006年大会ハイライト
2007年度(第72回) 日本オープンゴルフ選手権競技
2007年10月11日〜10月14日 相模原ゴルフクラブ 東コース 参加者数:120名 アマチュア:18名
1st Round
横尾要が-4で首位スタート。片山ら3人が2打差の2位タイに
横尾 要(左)と石川 遼(右)
1958、1980年に続き3度目の日本オープン会場となった相模原GC。第1ラウンドで首位に立ったのは最終組でプレーした横尾要だった。横尾は、16番から3連続バーディーを奪うなど5バーディー・1ボギーの68。キャディとの相性も抜群で、相模原の難グリーンを見事に攻略した。自身2度目の優勝を狙う片山晋呉は、2バーディー・ノーボギーの安定感溢れるゴルフで2位タイと好位置につける。
首位と3打差の6位タイには、シニアの中嶋常幸とアマチュアの池田勇太がつけている。日本オープン初出場で注目の石川遼は、アウトで42を叩く乱調で+5の65位タイと出遅れた。
2nd Round
横尾が通算-5で首位を守る。5打差に13人と混戦模様に
片山 晋呉(左)と横尾 要(右)
横尾が連日のアンダーパーで通算-5にスコアを伸ばし首位を守った。前半パープレーの横尾は、後半2バーディー・1ボギーと着実なプレー。2位タイスタートの片山も71で2打差の2位と横尾の後を追う。さらに1打差の3位タイには今季好調の小田孔明と中国のウェンチョン・リャン。シニアツアーでも好調な室田淳が通算-1で5位タイにつけた。
なお、この日カットが行われ、通算+7の58位タイ64人が後半に進出。石川は1打、ディフェンディングチャンピオンのポール・シーハンは2打及ばず、カットとなった。
3rd Round
69のベストスコアをマークした小田が首位に。2打差で追う片山が逆転を狙う
小田 孔明(左)と谷口 徹(右)
ツアー未勝利ながら、賞金ランキング7位と好調の小田が、前半5番までで4バーディーを奪うスタートダッシュでこの日ベストスコアの69をマークし、通算-5で単独首位に躍り出た。第1ラウンドから首位と2打差2位につけている片山もパープレーで小田を追走。最終ラウンドでの逆転に向け、2打差2位をキープした。
首位から4打差の3位タイには2日間首位を守った横尾と2003年大会優勝の深堀圭一郎がつけている。2004年大会を制したもう一人の歴代優勝者谷口徹が通算+1で14位タイから5位タイに順位を上げ、優勝争いに名乗りを上げた。
4th Round
コースマネジメントが奏功した谷口が6打差を逆転。日本オープン2度目の優勝を果たす
池田 勇太(左)と谷口 徹(右)
首位と6打差の5位タイでスタートした谷口徹。谷口は、1番で2打目を30センチにつけバーディースタートを切ると、波に乗る。2番でバンカーからチップインバーディー。6番から3連続バーディーを決め、首位を肉薄。小田が前半で3打スコアを落とし、片山がスコアを伸ばせない中、谷口が10番でもスコアを伸ばして、一気に首位に立つ。谷口はティショットで5番ウッドを多用するマネジメントが見事にはまり、14番でボギーを打ったものの最終18番もバーディーで締めくくる完璧なプレーで通算-5でホールアウト。最終組の片山のプレーを待った。
3日間、本大会の主役として粘りのプレーを見せていた片山は、再三のバーディーチャンスを決めきれず、この日72。谷口と2打差の2位に終わった。小田は、2つのダブルボギーを叩くなど80と乱調。通算+3で8位に終わった。ローアマチュアは、日本アマメダリストのキム・ビーオと池田の争いとなり、17、18番で連続バーディーを奪った池田が金を逆転。通算+8の18位タイで2003年大会以来2度目のローアマチュアを獲得した。
 
2007年度 (第72回) 日本オープンゴルフ選手権競技 成績はこちら
ページトップ
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約