JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
2006年度(第48回)日本女子アマチュアゴルフ選手権競技
更新 04/06 18:09
Match Round Match Player Status Player Hole
Final 31 森 桜子 6 and 5 大津 くるみ F
フルリーダーボード
第1日第2日第3日第4日第5日
DAY5[第5日]
女子アマ日本一は16歳、東北高校2年生の森桜子に決まった。
36ホールマッチプレーの決勝、森桜子 対17歳 東海大付属2高3年 大津くるみ戦は18ホールを終えて森が2アップ、後半開始直後の20ホール...
詳細はこちら

負けて目標見えた 大津くるみ
「負けたんだな」大津は涙が止まらなかった。熊本から駆けつけた両親に笑顔を見せることができなかった。「ここまで来たことが奇跡。でも、血の涙は流したくなかった」”ジュニア用語”の連発で煙をまいた明るさは消... 詳細はこちら
決勝戦後半18ホール。11:30スタート。
たくさんのギャラリーを引き連れ、決勝戦後半18ホールに入った。 詳細はこちら
ページトップ
DAY4[第4日]
決勝戦は16歳、森桜子(扶桑)と17歳、大津くるみ(熊本)の高校生対決となった。東北高2年の森は準決勝で森田理香子(京都学園高)を2エンド1、大津は同じく準決勝で服部真夕(鳴海)と最終ホールまでもつれ... 詳細はこちら

ナショナルチームメンバーを相次いで破った森。堂々の決勝進出
東北高2年の森桜子 対 京都学園高2年でナショナルチームメンバーの森田理香子の準決勝。同じ16歳同士の争いは力のこもった好ゲームだった。先行したのは森田で1番1メートルにつけるバーディーで先行した。2... 詳細はこちら
伏兵の大津くるみが決勝進出を果たす
「決勝、来ましたね。本当にきましたね」-大津は喜びを隠さなかった。今時の”ギャル言葉”がポンポンと飛び出して賑やかだった。
準決勝の18番。オールスクウェアで迎えた最後のウイニングパット。60センチ...
詳細はこちら
ベスト4となった服部真夕
負けたのは悔しいです。そんなに悪いゴルフではなかったので、仕方がありません。
パットが思うところに打てなかった。7、8番で連続バーディーを取って、あそこで良い流れがきかけたんですが、そのあと流れを掴...
詳細はこちら
本選手権の台風の目。中村香織は惜しくも準々決勝で姿を消す
17番でチップインバーディを決めて、オールスクウェアになったときは、昨日のようにまた、ゴルフの神様が降りてきたと思ったけど…力不足でした。本当に良い勉強になりました。
12月の女子ツアーのQTまでは...
詳細はこちら
ナショナルチームの森田理香子は準決勝敗退で悔しさ一杯
納得がいかないです…。パッティングが悪かった。ショットがぶれて、アプローチで何とかカバーしていたのですが。最後のパットが入らなかった…。
この悔しい経験を忘れずにまた来年リベンジしたいです。
詳細はこちら
最年長ベスト8 河北さやか 
疲れました。体がきつくて、特にグリーン上で全然集中できなくて・・・。
でも、ここまでこれて満足です。皆さん本当に上手で楽しかったです。女子オープンに向けて、がんばります。
詳細はこちら
準決勝スタート!
準決勝2マッチ(森田理香子VS森桜子11:25分、服部真夕VS大津くるみが11:35分)が明日の決勝進出をかけてスタートを切った。
詳細はこちら
ベスト4決定!宮里美香は森桜子に苦杯
準々決勝後半に入り、森田 VS 中村のマッチは、森田が粘る中村に17番でマッチイーブンとされるも、18番でバーディを奪い勝利。
注目の宮里 VS 森桜子のマッチは、森桜子が昨日からの調子をそのままに...
詳細はこちら
宮里美香コメント
本当にくやしいです。相手がいいプレーをしていたけど・・・自分もバーディパットを3~4回カップにけられたりしてたので・・・パッティングの差です。それと相手を見すぎてプレーをしてしまい、今ひとつ集中できな... 詳細はこちら
準々決勝9ホール消化し森田理香子らがリード
曇り空の中、準々決勝は4マッチすべて接戦の白熱した試合を展開。
9ホールを終え、森田1アップ、森1アップ、大津1アップ、室井1アップ。
詳細はこちら
ベスト4進出をかけて4マッチが定刻7:30にスタート
日本女子アマチュアゴルフ選手権4日目は、ベスト4進出をかけて4マッチが定刻7:30にスタートした。注目の1999年のウェイユンジェ以来、7人目の複数年優勝を狙う宮里美香は、新鋭森桜子と対決!!
詳細はこちら
ページトップ
DAY3[第3日]
2006年度(第48回)日本女子アマチュアゴルフ選手権競技は22日、鷹之台CCでマッチプレー1回戦と2回戦を行い、ベスト8が決定した。宮里美香、森桜子、森田理香子らが準々決勝進出を決めた。

2年...
詳細はこちら

プレーオフでマッチプレー進出を決めた中村香織が快進撃
5人プレーオフでただ一人マッチ進出の中村香織は、1回戦でメダリスト竹村真琴を19ホールで下し、2回戦ではナショナルチームの吉田弓美子に4エンド3で圧勝した。
19歳。女子アマ3回目の出場で初のマッチ...
詳細はこちら
中部地区の激戦にママさん食い込む
愛知県名古屋を中心とする中部同士の対戦として注目の服部真夕対金田久美子1回戦は「これまで負け続けていた」服部が3エンド2で勝利。その勢いに乗り2回戦も突破し、大会出場6回目で初のベスト8を決めた。
...
詳細はこちら
桜井有希はベスト16も悔しさ一杯
女子オープンの出場権がもらえるベスト8には行きたかった。ずっとそれを目指していただけに残念です。今日は、パッティングの調子が悪かった。1回戦で1バーディー、2回戦では1つもバーディが取れなかった。今日... 詳細はこちら
吉田弓美子はナショナルチーム対決を制すも2回戦で敗退
1回戦の原さんとの試合で、気力、体力、知力すべて使い果たしてしまった感じです。
2回戦は油断はしてなかったのですが、今思うと1回戦よりは気持ちが緩んでいた気もします。中村さんも良いゴルフをしていまし...
詳細はこちら
Pei Lin Yu(台湾)は1回戦敗退
昨日とは一転してショットが全然駄目だった。パーオンがたったの2回では勝負にならないですね。アプローチでなんとかこらえたのですが。10番ホールのOB以降は、ショットに自信が持てなくなってしまい、自分で自... 詳細はこちら
ページトップ
DAY2[第2日]
2006年度(第48回)日本女子アマチュアゴルフ選手権競技は21日、鷹之台CCでマッチプレー進出者32人を決める予選第2ラウンドを行なった。首位スタートの竹村真琴がパープレーでホールアウトし通算3アン... 詳細はこちら

宮里美香ら沖縄勢、今年も元気
マッチプレー進出32人の平均年齢は18.2歳。04年の最年少記録18.9歳を大きく更新して大会の若年化は進むばかり。そんななか、沖縄勢の活躍は相変わらずだった。16歳の宮里美香(オリオン嵐山)に加え、... 詳細はこちら
17位タイでマッチプレー進出。金田のキャリアが生きるか
小学校6年から今年で6回連続出場。中学1年のときのベスト8が最高成績の金田久美子(クラーク記念国際高)だが、初出場以来6年連続でマッチプレー進出を決めて抜群のキャリアを誇る。「グリーンを外してもパーを... 詳細はこちら
今大会ベストスコア68をマークした台湾のエースPei-Lin Yu
昨日はショットが安定せず、パーオンしたホールはたったの9ホールで苦しいラウンドだったが、ホールアウト後にすぐ練習場で調整した。今日は、ショットは満点に近い出来だった。ただ1メートルくらいのバーディーパ... 詳細はこちら
昨年の女子ミッドアマチャンピオンの篠塚美幸
素晴らしいコースコンディションだった。でも、ショットが悪くフェアウェーをキープできなくては、スコアにならないですね。若い子は飛ぶしコントロールも上手で感心しました。これからは、11月に田辺CCで開催さ... 詳細はこちら
ページトップ
DAY1[第1日]
16歳の竹村真琴(花屋敷)が3アンダーパー69でトップ。1打差2位に井上希(三井グリーン)、森桜子(扶桑)と高校生が上位を占めた。女子アマ日本一を決める第48回日本女子アマチュア選手権第1ラウンド、高... 詳細はこちら

世界ジュニアチャンピオンの若林舞衣子が4位タイと好スタート
若林舞衣子は11番でダブルボギーをたたきながら17、18番を連続バーディーで締め4位タイの好スタートを切った。「去年ベスト8入りを逃し、女子アマを目標にトレーニングしてきた」と意気込んだ。昨年、世界ジ... 詳細はこちら
中部女子アマ優勝の金田久美子は17位タイ
前週の女子プロツアー「ニチレイレディス」でプロを相手に堂々の優勝争いを演じ、4位に食い込んだ金田久美子は「今日は、一杯一杯のゴルフでした」-前週の火曜日の練習ラウンドからすでに7日連続のハードスケジュ... 詳細はこちら
宮里美香、2回目の優勝へ
2004年大会チャンピオンの宮里美香は今年、高校2年生になった。160センチ、56キロと体格は変わらないが、スリムになった印象だ。「毎日30分間の走り込みを欠かさない。痩せたとみんなにいわれますが…」... 詳細はこちら
自身初のホールインワンを達成した内藤亮子
内藤亮子(戸山)が3番(パー3)、142ヤードを6番アイアンでホールインワン。「今日一番のショットだった」と振りかえる渾身の一打は、ピン手前8メートルに落ち、そのまま転がってカップイン。数日前から風を... 詳細はこちら
昨年のランナーアップ山本知佳はイーブンパー7位タイ
スライスで悩んできたけど、それを守勢するために集中練習してきたのが良かった。
昨年の若くて度胸がすわっている選手が多いので気持ちで負けないように明日もがんばります。2位という成績に恥ずかしくないプレ...
詳細はこちら
ページトップ
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約