JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
2007年度(第61回)日本学生ゴルフ選手権競技
ROUND│4 更新 04/16 17:04
POS Player Score Today Hole Rounds Total
R1 R2 R3 R4
1 中道 洋平 -11 -2 F 71 66 70 70 277
2 小池 一平 -10 ±0 F 69 68 69 72 278
3 池田 勇太 -9 -5 F 73 69 70 67 279
4 岩国 誠之 -8 -6 F 71 72 71 66 280
5 西田 弘樹 -7 -4 F 71 71 71 68 281
フルリーダーボード
大会前第1日第2日第3日第4日
DAY4[第4日]
首位と1打差2位スタートの中道洋平(東北福祉大4年)が、小池一平(山梨学院大4年)を逆転し初優勝を飾った。

中道は、スタートの1番パー5で3打目を2メートルにつけてバーディーチャンスを迎えるが、...
詳細はこちら

【小池一平は1打差の2位に終わる】
本選手権をリードしてきた小池一平(山梨学院大4年)は、同組でプレーする中道と最後まで優勝争いを演じたが、1打差2位と涙を飲んだ。

1番パー5。2打目が左斜面のラフに打ち込んだ小池は、つま先上がり...
詳細はこちら
【ディフェンディングチャンピオンの池田が3位、日本アマ優勝の小林が5位タイに】
大会3連覇を狙った池田勇太(東北福祉大4年)と、日本アマチャンピオンの小林伸太郎(東北福祉大3年)は、ともに優勝が期待されながら、最終ラウンドまで、なかなかスコアを伸ばせないもどかしいプレーが続いた。... 詳細はこちら
【杵鞭が9位タイ、斉藤はスコアを崩し11位タイに終わる】
本選手権を牽引してきた杵鞭謙二(東北福祉大2年)は73、昨日コースレコードの64をマークして3位の好位置で最終ラウンドをスタートした斉藤智洋(名古屋商大1年)も75とスコアを崩し、初優勝の夢ははかなく... 詳細はこちら
ページトップ
DAY3[第3日]
首位タイスタートの小池一平(山梨学院大4年)が、16番でチップインイーグルを決めるなど、1イーグル・2バーディー・1ボギーの69で通算10アンダーパーにスコアを伸ばし、2位の中道に1打差をつけて単独首... 詳細はこちら

【東北福祉大4年の中道が1打差2位。2年の杵鞭が3打差の4位に】
東北福祉大の先輩、後輩コンビが逆転優勝に望みを繋げた。今年が最後の日本学生となる中道洋平(東北福祉大4年)は、この日4バーディー・2ボギーの70でホールアウト。通算9アンダーパーで首位と1打差の2位に... 詳細はこちら
【コースレコード64をマークした斉藤智洋が3位に急浮上】
完璧なプレーだった。斉藤智洋(名古屋商大1年)が8バーディー・ノーボギーの64をマーク。コースレコードを2打更新する出色の出来で、通算7アンダーパー。28位タイから一気に3位に順位を上げた。前半は1番... 詳細はこちら
ページトップ
DAY2[第2日]
第2ラウンドで通算7アンダーパーの首位タイに立ったのは、中道洋平(東北福祉大4年)と小池一平(山梨学院大4年)の2人。
1アンダーパーでスタートした中道洋平はこの日、パットが復調して7バーディー・1...
詳細はこちら

【岡田と若林が-6で3位タイに浮上】
岡田壮広(日本大4年)と若林朋宏(城西大3年)の2人がともに68の好スコアをマークして、通算6アンダーパー。首位と1打差の3位タイに浮上した。
岡田は、「ショートパットに悩んでいて、イップスの状態。...
詳細はこちら
【杵鞭と岡部が-5で5位タイと好位置をキープ】
首位タイスタートの杵鞭謙二(東北福祉大2年)は、パットに苦しみ71。70でホールアウトした岡部大輔(東北福祉大2年)の同期2人がとともに5位タイとなった。
この日の杵鞭は、「ショットに違和感がある」...
詳細はこちら
【68でホールアウトした亀井が通算-4で位に浮上】
亀井美博(東北福祉大2年)は、リベンジを期している。昨年の日本学生では第1ラウンドで66、第2ラウンドで67をマークし、あわや初優勝かと思われたが終盤に失速。9位タイと順位を落として、日本学生優勝のチ... 詳細はこちら
【宮里政志が好調なパットで通算-1】
6位タイで第2ラウンドをスタートした宮里政志(専修大2年)がショットの不調に苦しみながらも、好調なパットでピンチをしのぎ、1アンダーパー71でホールアウト。通算3アンダーパー・141ストロークで9位に... 詳細はこちら
【前田が66のベストスコア。永野、小林らとともに10位タイと健闘】
今年の関東学生を制して、本選手権を迎えた前田和宏(東北福祉大1年)。第1ラウンドは4オーバーパーと出遅れたが、この日は本領を発揮。6バーディー・ノーボギーの完璧なゴルフでベストスコアタイとなる68をマ... 詳細はこちら
ページトップ
DAY1[第1日]
10番ホールからスタートした杵鞭謙二(東北福祉大2年)とJGAナショナルチームメンバーの柴田健太郎(東北福祉大1年)がともに68をマークし首位タイに立った。杵鞭は、スタートホールのティショットを左に曲... 詳細はこちら

【小池、恩田、岡部が69で1打差3位タイにつける】
昨年大会12位タイの小池一平(山梨学院大4年)と本選手権初出場の恩田脩平(東北福祉大4年)、昨年大会カットに終わった岡部大輔(東北福祉大2年)の3人が日本学生の第1ラウンドで首位に1打差の3位タイにつ... 詳細はこちら
【日本アマチャンピオンの小林は6位タイと上々のスタート】
本選手権を日本アマチャンピオンとして迎えた小林伸太郎(東北福祉大3年)。周囲の喧噪を余所に、小林自身はマイペースを貫き、正確なアイアンショットを武器にパーオンを狙う自分のゴルフを実直に守り通す。第1ラ... 詳細はこちら
【ユニバーシアード大会に出場した選手たちは、苦戦のラウンド】
先週までタイのバンコクで開催されていたユニバーシアード競技大会に出場していた永野竜太郎(東北福祉大1年)、池田勇太(東北福祉大4年)、宇佐美祐樹(日本大1年)安本大祐(東北福祉大3年)は、激闘の疲れか... 詳細はこちら
【沖縄県の大学から初出場を果たした又吉拓之】
「自分が日本学生に出場していることを、地元では誰も知らないと思います。大学のゴルフ部もサークル活動の延長線で、競技ゴルフをしているのは自分だけなので」と笑う又吉拓之。沖縄国際大学3年の又吉は、沖縄県の... 詳細はこちら
ページトップ
PREVIOUS DAY[大会前]
池田勇太(東北福祉大4年)の大会3連覇がなるかに注目。昨年大会では、3日目に体調不良になりながら、2位以下に大差をつける圧勝で日本学生2年連続優勝を成し遂げた池田。先の日米ゴルフ選手権で個人・団体両部... 詳細はこちら

ページトップ
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約