2007年度(第40回)日本女子オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 ヒストリー オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
JGAオフィシャルスポンサー NEC 特別協賛 S-YARD Hisamitsu
Championship [ 競技情報 ]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
日本女子オープン ハイライトムービー配信中
NHKで全国生中継予定
Shot Navi
Shot Navi
Championship Reports
競技報告
前年チャンピオンのジャン ジョンは+2のスタート
第1日 競技報告:西澤 忠    写真:Gary Kobayashi
 昨年大会(茨木)、“宮里藍フィーバー”の中で、圧倒的な強さを見せて優勝したジャンジョンがショット、パットに苦戦を強いられ、2オーバーパー74で41位タイと出遅れた。アウト9ホールこそスコアカード通りのパープレーだったが、10番のティショットがフェアウェイバンカーに捕まり、それもアゴの下という不運で、出すだけ。3オン2パットのボギーにすると、13番ではラフからグリーンオーバーのミスでボギーと苦しい展開。ラフからのウッドショットを低く打ち出し、花道を使った攻略がインで乱れ出したのだ。14番で2メートルを入れたバーディーで息を吹き返すかと思われたが、18番でもラフからの2打目をミス、張り出した樹木
前のやはりラフ。結局、そこからも乗らず、寄らず入らずのボギーに終わり、トータル2オーバーパーの74。
 
同組でラウンドした大山志保は逆にアウトで1バーディー・2ボギー、インはイーブンパーのトータル1オーバーパーの73で29位タイ。そして、今年、宮崎CCで行われた第49回日本女子アマのチャンピオンとしてジャン・大山とのペアリングの栄誉を得た綾田紘子(大宮国際CC)だったが、トッププロの視線に緊張したのか80(39・41)叩き、102位タイという無残な結果だった。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約