2007年度(第40回)日本女子オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 ヒストリー オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
JGAオフィシャルスポンサー NEC 特別協賛 S-YARD Hisamitsu
Championship [ 競技情報 ]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
日本女子オープン ハイライトムービー配信中
NHKで全国生中継予定
Shot Navi
Shot Navi
Championship Reports
競技報告
飯島が-4をマークし、復活の首位スタート
第1日 競技報告:武藤一彦    写真:Gary Kobayashi
6バーディー・2ボギー68をマークした飯島茜がトップに躍り出た。大会までの7週間で優勝2回、出場6戦中全試合トップ10入り、今もっとも好調な選手。流れは変わらなかった。
3番3メートルのバーディーパットをねじこんだのをはじめ、グリーン上で要所を締めた。8番、12番では8メートルをほうり込み、14、15番は5メートル、1メートルを沈めるバーディーを決めた。2ホールでボギーはあったが、難コースでは想定内のミスだった。
総距離6522ヤード、パー72のコースにセッティングされた樽前カントリークラブのコースレートは76.9。さらに8センチに設定されたラフは10センチ程に伸びた部分もあり、より一層難
しさを増した。加えてフェアウェイは狭く、「難しい」という選手たちの悲鳴が充満した。

飯島は、「木の下に入れたボールが幸いショットできたり、良いキックでピンチになるところが、助かったり。良い流れで第1ラウンドを乗り切れた」と素直に喜んだ。1番で右へ流されたボールが木の中に飛び込みひやりとしたが、ラフの薄いところでリカバリーできて幸運だったと振り返った。「ラフは深いし難しいコース。でも、みんな平等と受け止めています」ゴルフは運と不運の交錯したゲームと受けとめて以後、自分のゴルフに徹することができた、と笑顔を見せる。しかし、笑っていられない状況だった。
前週のミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンは腰痛で欠場した。プロアマ競技のティインググランドで、ぎっくり腰を起こした。ゴルフ5レディス、日本プロ選手権と2連勝、3週連続のかかったマンシングウェアレディース東海クラシックは惜しくも8位となった。その”疲れ”がでたのだ。

腰痛発生後の再起をかけた初練習は24日、恐る恐るアプローチからはじめた。この日、腰にコルセットを巻いての奮闘。最終ホールでは、足にけいれんが起こり、ホールアウト後は公式記者会見前にマッサージを行うなど”爆弾”を抱えての大会だった。
宮里藍が巻き起こした若手プロの女子ブーム。24歳、飯島もその中心で活躍したひとりだ。日本女子プロゴルフ選手権に次いで日本女子オープンとメジャーのタイトルを目前の今大会、飯島の戦いに注目だ。

《大会第1日の選手インタビューはこちら
選手インタビューは、飯島選手、諸見里選手、横峯選手、不動選手です。
《大会第1日のフォトギャラリーは
こちら

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約