2007年度(第40回)日本女子オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 ヒストリー オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
JGAオフィシャルスポンサー NEC 特別協賛 S-YARD Hisamitsu
Championship [ 競技情報 ]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
日本女子オープン ハイライトムービー配信中
NHKで全国生中継予定
Shot Navi
Shot Navi
Championship Reports
競技報告
【2位に4打の大差。諸見里がベストスコアで一人旅】
第2日 競技報告:武藤一彦    写真:Gary Kobayashi
インスタートの10番で8メートルのパットを決めるバーディーの好スタート。2番で6メートルから3パットしたが、パットのタッチは良かった。13番、2メートル、17番5メートルとバーディーパットを決めて波に乗る。アウトは3番でカップ手前から3メートルを放り込み、7番では2.5メートルのスライスラインをねじ込んだ。「ショットの精度は昨日の方がよかったが、今日は満足のいくラウンド。後半2ストロークのばして、良いラウンドだった。パットは練習の良いタッチがでた」
表情は明るかった。
コーチでキャディを買って出た江連忠プロは力んだ。「11アンダーパーで優勝。10アンダーパーならプレーオフ。9アンダーパーな
ら5割の確率」と天をにらむ。あと2日で11アンダーパーまで伸ばせる、という強気の優勝宣言。9アンダーパーでも50パーセントの確率で勝てる。愛弟子の成長をこの日、確信して力強かった。
歯がゆいホープの低迷。沖縄出身の先輩、宮里藍を追って頑張る諸見里だが、成果はあがらない。昨年、米ツアー挑戦の宮里と一緒に遠征したが、シード権をとれなかった。シーズン半ばで国内に戻り、建て直しをはかり1勝を上げるが、調子はもうひとつ。今季は同門の上田桃子が3勝、賞金ランキングのトップと活躍する陰でいまだ未勝利だ。
「くやしい、もどかしい」はっきり口にして巻き返しを誓った。
カップに快音を響かせる好調なパット。明るい材料だ。
「練習グリーンで、必ず50センチはオーバーめに打てている。気持ちを強くパットに取り組めているのが、なにより大きい。3パットを恐れずラインとタッチを合わせることができた後半のイメージであと2日、しっかり伸ばしていきたい」
日本女子オープンは3回目。夢の11アンダーパーへ、いよいよ試練の後半のラウンドだ。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約