2007年度(第40回)日本女子オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 ヒストリー オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
JGAオフィシャルスポンサー NEC 特別協賛 S-YARD Hisamitsu
Championship [ 競技情報 ]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
日本女子オープン ハイライトムービー配信中
NHKで全国生中継予定
Shot Navi
Shot Navi
Championship Reports
競技報告
【藤田幸希が8番ホールでホールインワンを達成】
第3日 競技報告:JGA    写真:Gary Kobayashi
通算1オーバーパーの9位タイでスタートした藤田幸希は、思わぬ乱調で7番まで3ボギー・1バーディーとスコアを落としていた。迎えた8番。187ヤードのパー3。5番アイアンを手にした藤田のティショットは、綺麗な放物線を描いて、ピン手前に落ちると、そのままカップに消えた。藤田にとって人生3度目、試合では初めてとなるホールインワン。「すごかったですね。入る瞬間を初めて見ました。良いショットだと思ってみていたら…“ヤッター”と大騒ぎでした」と興奮冷めやらぬ表情。「8番まで悪い流れ出来ていたし、自分でホールインワンの瞬間を見れて、嬉しかったです」とスーパーショットに自画自賛。しかし、この日の藤田はスコアを1ストローク落とし、通算2オーバーパーで順位を10位タイに後退させた。「この3日間、これだけしのいでいるので、運もあるみたいだし…明日も我慢のゴルフで、なるべく順位を上げられるように頑張ります」女子オープンでは2001年大会(室蘭)に島袋美幸が達成して以来、11度目のホールインワン。このとき島袋は、女子オープンを制している。ホールインワンという僥倖が藤田を浮上させるか。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約