2007年度(第40回)日本女子オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 ヒストリー オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
JGAオフィシャルスポンサー NEC 特別協賛 S-YARD Hisamitsu
Championship [ 競技情報 ]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
日本女子オープン ハイライトムービー配信中
NHKで全国生中継予定
Shot Navi
Shot Navi
Championship Reports
競技報告
【2位タイから5位タイに後退の古閑美保】
第3日 競技報告:西澤 忠    写真:Gary Kobayashi
静かに71・71のスコアを並べ、秋晴れの土曜日となったこの日、美人プロと実力で大勢のギャラリーを引き連れるラウンドとなった古閑美保が途中まで快進撃をみせた。5番でボギーが先行したが、6番、9番をバーディーとしてアウト1アンダーパー、通算3アンダーパーにしたからだ。インにターンしてもさらに2つ伸ばして迎えた14番でボギー、続く15番をダブルボギーとして、急ブレーキを自らかけてしまったのだ。「あれはあきらかにクラブ選択のミス。ピンが手前エッジから23ヤードと奥だったので5番アイアンを選んだのですが、本当は6番で良かった。奥のラフに外し、アプローチをミスしてからの3パットですから」と15番のクラブ選択を悔やんだ。快晴となったこの日、風も強く、グリーンが見る間に速くなった午後のプレーではピン位置が奥でも、ピン手前にボールを乗せるのが鉄則のようだ。「明日はミスしないように安全策で行き、チャンスを待つようにします」と方針転換を宣言した。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約