2007年度(第40回)日本女子オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 ヒストリー オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
JGAオフィシャルスポンサー NEC 特別協賛 S-YARD Hisamitsu
Championship [ 競技情報 ]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
日本女子オープン ハイライトムービー配信中
NHKで全国生中継予定
Shot Navi
Shot Navi
Championship Reports
競技報告
【諸見里にチャンス到来。2位不動に3打差をつけて単独首位を守る】
第3日 競技報告:武藤一彦    写真:Gary Kobayashi
諸見里に転機、到来。 通算7アンダーパーにスコアを伸ばして、2位に3打差をつけいよいよ最終ラウンドだ。数々のピンチをくぐりぬけた。3番ティショットを右ラフ、セカンドをバンカーに入れ6メートルの長いパットを残したが、カップまん中から入れパーで切り抜けた。5番で左ラフに入れるピンチは9番ウッドで1メートル弱とバーディーにつなげた。
12番パー5では10メートルから3パットのミスでボギーを叩いたが15番、7番アイアンのショットを4メートルにつけると軽いフックラインを読み切って、バーディーを決めた。
2バーディー・1ボギー。スコアをたどると淡々と見える安定ペース。しかし、同組の不動がひたひたと追い
上げ、11番をバーディーとするとわずか1打差。さらに前をいくジャン ジョン、古閑美保もこの時点で大きくスコアを伸ばしプレッシャーをかけてきた。
「ラフが難しいし風も強く、前半はどこかに守る気持ちがあったが、みんなのスコアもよく、不動さんもうまかった。これではいけないと気持ちを切り替えた。淡々とプレーできました」ホールアウト後、大きく肩で息をついた。
チャンスで崩れる弱い諸見里におさらばだ。
キャディーを務めている江連忠コーチは「今日は好きにやらせた。勝ってもらいたい。こっちも必死です。あいつに賭けた。グダグダ言わないのも、勝負でした」疲れ果てていた。叱咤激励し愛弟子の”弱い部分”をなくそうと怒鳴ることもあったが、この日は諸見里の判断を優先させた。12番、唯一のボギーは「刻め」といったコーチに諸見里が断固として「グリーンエッジまで打ちたい」と我を通した。結果はエッジの深いラフ、アプローチがよらず3パットとなったが、二人に取って納得ができた出来事だった。
「何が変わったって、パッティングです。うまくなっているでしょ?」江連コーチの言葉は一人立ちした諸見里への初めての賛辞だ。「こんな良いゴルフは、デビューして初めてですよ」
明日の最終ラウンド。不動に3打。ジャン、佐伯に4打。古閑、横峯に6打。大きなリードは、しかし、初のメジャータイトルを前にした諸見里にあってない差になるのだろう。人生の転機をかけた戦いが始まった。

大会の模様を〈ハイライトムービー〉〈フォトギャラリー〉でお楽しみ下さい。

最終ラウンドのNHK放送予定は、
こちら


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約