2007年度(第40回)日本女子オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 ヒストリー オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
JGAオフィシャルスポンサー NEC 特別協賛 S-YARD Hisamitsu
Championship [ 競技情報 ]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
日本女子オープン ハイライトムービー配信中
NHKで全国生中継予定
Shot Navi
Shot Navi
Championship Reports
競技報告
【エンジントラブルを起こして74。5位に終わったジャン ジョン】
第4日 競技報告:西澤 忠    写真:Gary Kobayashi
前半のラウンドではウェッジの距離感に悩み、練習で修正した3日目に68のベストスコアをマーク。ついに昨年の覇者のエンジンがかかった?と思われた最終ラウンド。今度はパッティングのエンジントラブルから諸見里追撃にブレーキがかかってしまったジャン ジョン。首位を行く諸見里に4打差、不動に1打差の3位タイでティオフした1番ホール。いきなり2.5メートルを3パットしてボギー。2番でもボギーと最悪のスタートを切ってしまった。しかし、メジャー1勝(2005年全英女子オープン)の米ツアー・プロの意地と誇りで、恥ずかしいプレーは見せられない。その後、2バーディーを奪ってアウトはパープレーの36。インにターンして10番をバーディーとして、さあこれから追撃態勢に入ろうとした直後の11番だった。11メートルのバーディーパットを4パットしてしまう大きなミスを犯すアクシデント。「パッティングのタッチが合わず、苦労の連続だった。快晴と強い風でグリーンが乾燥したのか、スピードが格段に速くなり、調節が出来なくなってしまった」と試合後に暗い顔で語った。
結局、この日は2オーバーパーの74に終わり、通算1アンダーパーで、5位。
クラブハウスに戻って身支度もそこそこに終えたジャンは、4日間ついて歩いた父親の張錫中(ジャン・ソクチュン)氏と共に、諸見里の優勝セレモニーが行われている最中にコースを後にした。フロリダ州オーランドの家に到着した後になって、この悔しい結果を思い出すに違いない。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約