2008年度(第41回)日本女子オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 ヒストリー オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
JGAオフィシャルスポンサー NEC 特別協賛 セイコースポーツライフ Hisamitsu
Championship [ 競技情報 ]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
日本女子オープン ハイライトムービー配信中
NHKで全国生中継予定
Shot Navi
Shot Navi
Championship Reports
競技報告
【連覇を狙う諸見里を迎え、メディア・デーを開催】
大会前 競技報告:JGA    写真:Gery Kobayashi
開幕を約1ヵ月後に控えた9月1日、会場の紫雲ゴルフ倶楽部(加治川コース)にディフェンディングチャンピオンの諸見里しのぶを迎え、メディア・デーを開催した。メディア・デーには地元新潟県の報道社など26名が出席。大会連覇を狙う諸見里が初めて紫雲ゴルフ倶楽部をプレーし、その印象などを語った。

諸見里は、プレー後の記者会見で「前半は、ティーインググラウンドから見ると、林がせり出していて、凄く狭く見えるので、ティーショットをフェアウェイに置くことを第一に考えたい。後半は、距離が長いので、セカンドショットが勝負になる。ロングアイアンを使わなければいけないホールもあるし、いかにアプローチでしのぐか。パーを積み重ねて、少ないチャンスを確実にものにしたい」と警戒心を強める。昨年、不動裕理との熱戦を制し、「女子オープンで優勝できて、自分に自信が持てた。今年も前半戦は苦戦していたが、自分は女子オープンチャンピオンなんだから…と思えるようになった」と、精神的な成長を強調した。

この日、2年ぶりに日本女子オープン出場が決定した宮里藍については、「宮里さんは、アメリカの難しいコースセッティングで頑張ってきている。帰国しても、きっと好成績を残すと思っています。でも、大会連覇の権利を持っているのは私だけ。自分も負けないようにしたいし、アプローチを練習して、迎え撃ちたい」と意気込む。

日本女子オープンの特徴でもある、狭いフェアウェイと高速グリーンには、「ここのグリーンには大きなアンジュレーションがある。難しいセッティングの中で、うまくいかないこともたくさんあると思う。でも、それを我慢して…」と、気を引き締めていた。
最後に、溝口まち子大会競技委員長が、「1日1アンダーパーか2アンダーパー。2桁のアンダーパーは出ないと思う」と予想を立てると、諸見里は、「自分達の仕事は、大会関係者が想定するスコアよりいい成績を残すこと。2桁アンダーパーを目指して、頑張りたい」と切り返し、拍手喝采を浴びていた。

日本女子オープンゴルフ選手権競技は、10月2日~5日の4日間、新潟県の紫雲ゴルフ倶楽部(加治川コース)で開催される。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約