2008年度(第41回)日本女子オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 ヒストリー オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
JGAオフィシャルスポンサー NEC 特別協賛 セイコースポーツライフ Hisamitsu
Championship [ 競技情報 ]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
日本女子オープン ハイライトムービー配信中
NHKで全国生中継予定
Shot Navi
Shot Navi
Championship Reports
競技報告
【地元の応援を力に、-1の5位タイと好スタートをきった若林舞衣子】
第1日 競技報告:西澤 忠    写真:Gary Kobayashi
今季プロ2年目、地元新潟出身の若林舞衣子が東日本地区予選をトップで通過して出場権を得たので、地元のファンによる応援が彼女の背中を力強く押したようだ。
「地元開催というプレッシャーはありません。応援団の声援が心強いと感じました。難しいコース・セッティングの方がバーディ合戦のゲームより集中できるし、我慢できます。とにかく初日にアンダー・パーで回れて良かった」と語った。それにはショットの切れ味も良く、10番ホールからのスタートで2ボギーで迎えた18番、第3打をサンドウェッジで50センチメートルにつけるファイン・ショット。「一つくらいバーディが欲しい!」と願った結果だった。これをきっかけにアウトに移っての3バーディにつながったようだ。
今季第8戦目のクリスタルガイザー・レディスで古閑美保とプレーオフを争って2位など、いつ優勝してもおかしくないといわれる若林だけに、地元開催のビッグ・ゲームが初優勝というのも、夢物語ではないだろう。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約