2008年度(第41回)日本女子オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 ヒストリー オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
JGAオフィシャルスポンサー NEC 特別協賛 セイコースポーツライフ Hisamitsu
Championship [ 競技情報 ]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
日本女子オープン ハイライトムービー配信中
NHKで全国生中継予定
Shot Navi
Shot Navi
Championship Reports
競技報告
【ロー・アマ候補ナンバーワン! -1の71をマークして5位タイの香妻琴乃は高校1年生】
第1日 競技報告:西澤 忠    写真:Gary Kobayashi
キャディが中学2年の弟、陣一朗君。本人は鹿児島出身の日章学園高校1年生だから、まるでジュニアの大会風景のような錯覚を起こすのは無理もない。今年の日本女子アマチュア選手権でクオリファイングラウンドメダリストの資格で出場した香妻琴乃が3バーディ・2ボギー、1アンダーパーの71で5位タイの好スタートなのだ。なにしろ、日本の名門・廣野GCで、初日に64の8アンダーパーをマークして、一躍勇名を馳せた逸材なのだ。
「この大会はラフを深くすると聞いていたので、宮崎のホーム・コースのご厚意で一部分のラフを特別深くしてもらって、学校帰りに夜遅くまで練習させてもらいました。おかげでパー・オンしたホールは4~5ホール、他はグリーンを外しても、全部アプローチとパットに助けられました」と自身のスクランブル・ゴルフに満足げ。
「明日はまた明日で違う風が吹くと思うので、グリーンを外してもパー・セーブ出来るように頑張ります」と胸を張った。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約