2008年度(第41回)日本女子オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 ヒストリー オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
JGAオフィシャルスポンサー NEC 特別協賛 セイコースポーツライフ Hisamitsu
Championship [ 競技情報 ]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
日本女子オープン ハイライトムービー配信中
NHKで全国生中継予定
Shot Navi
Shot Navi
Championship Reports
競技報告
【宮里の我慢が試される、試練のラウンドはみもの】
第1日 競技報告:武藤一彦    写真:Gary Kobayashi
3番で7メートル、5番4メートルのバーディーパットを入れた宮里はティーショットが冴え完全復活を思わせた。だが、インに入り10番、セカンドを奥ラフ、1メートルのパーパットを外すボギーで暗雲が垂れこめた。11番でセカンドショットを再び奥ラフ、「悪い流れだな」コーチの父親、優さんの厳しい表情の目の前で見事なアプローチでチップイン、懸念を吹き飛ばしたものの続く12番パー3で思わぬミスが飛び出した。
7アイアンのティーショットはバンカー手前のラフ。左足下がりのアプローチはピンが手前にあったことも手伝ってボールが上がらず3オン、2パットのダブルボギー。一気に“貯金”を吐きだした。
「グリーンがどんどん堅くなってボールが止まらない。ピンが手前だったので7アイアンでしっかり打ったが、風も読みきれてなかった。クラブ選択のミス」唇を噛んだ。
米ツアーでシード権は維持したが、目指す優勝を果たせなかった今季。先の日本プロ選手権に次いで日本での2戦目。決意するものがある。06年以来、遠ざかっている“勝つ味”を思い起こそうと今大会、2年ぶりの出場なのだ。
「家で10日間、じっくり感覚をとぎすますことに専念した、いい結果につなげたいですね」と大会前。沖縄で調整し3週間ぶりの実戦。しかし、アウトで2アンダーと伸ばしながらダブルボギーのあとさらに2つボギーがきて2オーバー。厳しい現実は続いている。
「前半、あれだけいいゴルフができた。パッティングもいいし前向きにいける、グリーンが硬くなっているけれどがんばります」
無風、快晴のコースは時間の経過につれ乾燥し一転、難コースへと変わった。今後も厳しい状況は募るばかり。宮里の我慢が試される、試練のラウンドはみものだ。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約