2008年度(第41回)日本女子オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 ヒストリー オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
JGAオフィシャルスポンサー NEC 特別協賛 セイコースポーツライフ Hisamitsu
Championship [ 競技情報 ]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
日本女子オープン ハイライトムービー配信中
NHKで全国生中継予定
Shot Navi
Shot Navi
Championship Reports
競技報告
第3ラウンド終了 飯島茜とリ・エスドが-1で首位に並ぶ
第3日 競技報告:JGA    写真:Gary Kobayashi
飯島茜が3アンダーパー69、通算1アンダーパーで首位に並んだ。8位スタートの飯島は好調のショットからボギーなし。第1日から首位を走る韓国のリ・エスドは3バーディー、5ボギーの74、最終ホールでショットを乱し飯島の追い上げを許した。イーブンパーの3位にはキム・ソヒ、2打差4位には李知姫と韓国勢。
2年間、優勝のない宮里藍は2バーディー、2ボギーの72、通算1オーバーパーの4位と順位は前日と変わらなかったが、首位との差を“4”から2打差へ縮め、3年ぶりタイトルに至近距離。ニッキー・キャンベル(豪州)も4位に並んだ。
5年ぶりのタイトルを目指す不動裕理と米山みどりは3打差の7位、初タイトルの欲しい横峯さくら、上田桃子は4打差9位と日本の期待選手は逆転に向け好位置につけている。

2連覇を目指した諸見里しのぶは76、首位から8打差、地元期待の若林舞衣子も80とスコアを崩し22位へ後退した。
アマチュアのローアマ争いは豊永志帆と竹村真琴が13オーバー、全体の49位で並んでいる。

第4ラウンドの組合せ・スタート時刻はこちらから。

組合せ・スタート時刻はご覧のJGAホームページの他、JGA携帯サイトでも公開しています。
JGA携帯サイトのご案内は
こちら

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約