2008年度(第41回)日本女子オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 ヒストリー オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
JGAオフィシャルスポンサー NEC 特別協賛 セイコースポーツライフ Hisamitsu
Championship [ 競技情報 ]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
日本女子オープン ハイライトムービー配信中
NHKで全国生中継予定
Shot Navi
Shot Navi
Championship Reports
競技報告
【飯島 茜】
第3日 競技報告:武藤一彦    写真:Gary Kobayashi
飯島茜にチャンスが巡ってきた。ボギーなし、3バーディーの69、通算1アンダーパー、一気に優勝争いだ。
「ショットの調子がいいので刻むことは考えていない」とティーショットはすべてドライバーで攻めた。1番ホールは8番アイアンで6メートル、8番ホールは7番アイアンで6メートル、13番ホール(パー5)もフェアウェーにロングドライブを打ち、第3打を2メートルにつけるバーディー。「ほとんどフェアウェーに打ち、グリーンを外したのは18番ホールだけ。パットがもう少し入ったら良かったかな、と思ういい内容」と、欲も出た。
 ここ3週間、ショットが良く納得のいくゴルフができているという。スイングにこだわりすぎ、戦略面がおろそかになっていたことを反省、コースに出たらしっかりボールを打つこと、ライやコースに忠実に攻めるようにしている。
「パーオン率が良くなった。フェードボールでフェアウェーをキープできて満足感がある」と胸を張った。
リベンジのチャンスでもある。昨年は日本女子プロ選手権など2勝をあげて臨んだ日本女子オープン(北海道・樽前)は、メジャー2勝目を狙い初日トップと好スタート。しかし、気負いこんで崩れ37位に終わった。
「勝ったら賞金女王のチャンスも出てくる。ランキングの順位を上げたら頑張りがいがある」25歳、宮里藍、横峯さくらの2歳上の“お姉さん”として一緒に輝かしいアマ時代を築いた。強いゴルファーになりたいと、ニュージーランドやアメリカに短期留学をしながら作り上げたスイングでメジャー2勝目。夢がかなう。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約