2008年度(第41回)日本女子オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 ヒストリー オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
JGAオフィシャルスポンサー NEC 特別協賛 セイコースポーツライフ Hisamitsu
Championship [ 競技情報 ]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
日本女子オープン ハイライトムービー配信中
NHKで全国生中継予定
Shot Navi
Shot Navi
Championship Reports
競技報告
【上田桃子】
第3日 競技報告:西澤 忠    写真:Gary Kobayashi
ゆるい右ドッグホールの1番ホール(パー4)、ティーショットを左のラフに入れた上田桃子。セカンドは左の高い林越しに打つ必要があった。この日のホール・ロケーションが手前から26ヤード、左エッジから5ヤードと左端に設定されていたので、スタイミーになるからだ。上田のセカンドショットはボールの落ち際に枝に当たり、グリーン前のバンカーに入る。そこから、寄らず・入らずという不覚のボギー発進だったのだ。
試合後の上田が「昨日と違って、ティーショットが左へ左へと行くので、ショックでした」というように、スタート直後から2連続のボギーを叩いたので、暗い顔つきでプレーを続ける上田だった。
しかし、ジッと“我慢の子”で耐えた彼女を幸運の女神は見捨てない。7番ホール(153ヤード・パー3)のティーショットを7番アイアンで打つと、白球がカップに当たってすべり込んだのだ!「プロ入り以来初のエース。それも大事な試合で・・。気持ちが晴れました」と幸運のホールインワンを喜んだ。
それでも、アウトコースを1イーグル・3ボギー。トータル4オーバーと下位低迷なのだった。
「スタート前の練習パッティンググリーンで、“これだ!”というヒントを掴んだのです。しかし、そうなったらショットの方が乱れるのですから、ゴルフは難しい。フェアウェーをキープしたのは4~5回でしたから」と悩みを打ち明けるが、インコースは2バーディ・1ボギーで締め、この日のラウンドをイーブンの72で、トータル3オーバーパーは、横峯さくらと並んで9位タイである。
「明日こそショットとパットが噛み合うように祈りながら、爆発スコアを出せるように頑張ります」と“このまま終われない!”と米ツアー帰りの意地とプライドを覗かせた。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約