2008年度(第41回)日本女子オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 ヒストリー オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
JGAオフィシャルスポンサー NEC 特別協賛 セイコースポーツライフ Hisamitsu
Championship [ 競技情報 ]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
日本女子オープン ハイライトムービー配信中
NHKで全国生中継予定
Shot Navi
Shot Navi
Championship Reports
競技報告
激戦を制したのは 李知姫  1打差の2位には宮里藍、リ・エスド
第4日 競技報告:武藤一彦    写真:Gary Kobayashi
韓国の李知姫が最終18番ホールでバーディーを決め混戦を制した。前日の雨で一転、バーディー合戦となる中、首位から2打差の3位スタートの李は6バーディー、1ボギーのベストスコア67、通算4アンダーパーで逆転勝ちした。宮里藍は一時トップに並んだが、前日までトップの韓国のリ・エスドと並んで2位、悲願の優勝を逃した。2アンダーパーの4位には不動裕理が入った。

横峯さくらは1オーバーパーの7位タイ、上田桃子は2オーバーパーの9位タイ、2連覇を狙った諸見里しのぶは、福嶋晃子らとともに17位タイに終わった。前日首位の飯島茜は81とスコアを崩し8オーバーパーの24位タイ。地元期待の20歳、若林舞衣子は9オーバーパー28位タイだった。

ローアマチュア争いは竹村真琴が75、通算16オーバーパー、全体の47位で獲得した。同じ高校3年生のライバル、豊永志帆は22オーバーパーでセカンドアマ。
優勝した李は今大会初制覇、今季2勝、通算11勝目。


【新潟大会のギャラリー総数は23,787人】
第3ラウンドの夕方に突然の雷雨によるプレー中断があったものの、天候は良好だった。秋晴れで爽やかな秋風に恵まれた予選2日間に詰めかけたギャラリー数は6,784人。そして、週末の土日には一気に16,165人の大観衆となったので、トータルで23,787人を記録した。この数字は過去7大会でのデータ中、ベスト3位にランクされる数字だった。

試合後、いちばん人気の宮里藍プロのサインを求めるファンの列が生まれるのはどんな大会でも恒例だが、ここでもおよそ250人のファンが並んだ。ひとり一人の帽子や色紙にサインする宮里プロも慣れたもので、およそ20分で、そのファン・サービスは終了した。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約