2008年度(第73回)日本オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 ヒストリー オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
JGAオフィシャルスポンサー NEC 特別協賛 セイコースポーツライフ Hisamitsu
Championship [ 競技情報 ]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
日本オープン ハイライトムービー配信中
NHKで全国生中継予定
Championship Reports
競技報告
【古賀GCで日本オープンメディア・デーを開催】
大会前 競技報告:JGA    写真:JGA
快晴、玄界灘からの海風が吹く中、日本オープンゴルフ選手権競技メディア・デーが今年の開催コースの古賀ゴルフ・クラブにて報道関係者のほか、昨年のチャンピオン谷口徹も参加して行われた。

日本オープンが古賀ゴルフ・クラブで開催されるのは、1997年の第62回大会以来11年ぶり2回目。コースは海沿いの松林に展開するシーサイドコース。複雑なアンデュレーションがあるグリーンを深いバンカーと、ラフがガードする難しいコースである。前回大会ではクレイグ・パリー(豪)が4日間通算2オーバーパーで優勝している。今年は、そのときよりも全体でさらに35ヤード伸びた設定(6,797ヤード・パー71)で開催される。

プレーを終えた谷口は、記者会見で「小さいグリーンでアンデュレーションがあるので、いかにフェアウェーからフルショットの距離を残していけるか」が攻略の鍵となり、また「海から吹き込む上空の風が、思ったより強かった」とコースの難しさを語った。それでも大会連覇に向けて「どうやればいいか、イメージが湧いてきた」と手ごたえをつかんだ様子。

野村競技委員長は優勝スコアについて、「1日1アンダーパー、4日間で4アンダーパー」くらいを想定してセッティングを進めていると話す。それを受ける形で答えた谷口は「僕は優勝スコアを言うと、自分の首を絞めるので言わないことにしている」と煙にまいた。
果たしてどんな優勝争いが展開されるのか。大会は10月16日(木)に4日間の熱戦の火蓋が切られる。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約