2008年度(第73回)日本オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 ヒストリー オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
JGAオフィシャルスポンサー NEC 特別協賛 セイコースポーツライフ Hisamitsu
Championship [ 競技情報 ]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
日本オープン ハイライトムービー配信中
NHKで全国生中継予定
Championship Reports
競技報告
片山、B.ジョーンズが-3で首位に立つ。 石川遼は-1で4位につける。
第1日 競技報告:武藤一彦    写真:Gary Kobayashi
片山晋呉
 3年ぶり2度目のタイトルを狙う片山晋呉と豪州のブレンダン・ジョーンズが3アンダーパーの68でトップに立った。1打差の2アンダーパーに横尾要。
17歳の石川遼が12番ホールまで5アンダーパーと単独首位を走り、その後、1ダブルボギー・2ボギーとスコアを後退させながら通算1アンダーパーの70と4位に入る健闘が光った。

 12年ぶりに日本オープン開催の古賀GC(福岡)は6,797ヤード、パー71とここ10年の日本オープンでは距離の短いコースセッティングながら起伏と深いラフ、速いグリーンの難コースとなり、アンダーパーは4人だけと大会前の予想通りスコアは伸びていない。
初タイトルを目指す賞金ラ
石川 遼
ンキングトップの谷原秀人はベテラン中嶋常幸、藤田寛之と並んで3オーバーの18位タイ、2年連続3度目の優勝を目指す谷口徹は97年の古賀の日本オープン優勝のクレイグ・パリー(豪州)とともに4オーバーパーの30位につけた。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約