2008年度(第73回)日本オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 ヒストリー オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
JGAオフィシャルスポンサー NEC 特別協賛 セイコースポーツライフ Hisamitsu
Championship [ 競技情報 ]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
日本オープン ハイライトムービー配信中
NHKで全国生中継予定
Championship Reports
競技報告
【片山晋呉】
第1日 競技報告:西澤 忠    写真:Gary Kobayashi
3年前の第70回大会、名門・廣野GCを制覇した片山晋呉はビッグ・ゲームに向けて、心と体に万全の備えをして臨むのを常としている。深いラフ、狭いフェアウェイを考慮して、バッグの中にドライバーを入れない特異なクラブ・セッティングでこの試合に乗り込んだのもその現れだろう。
「とてもアンダー・パーのスコアは出ない。試合前には9オーバーが優勝スコアかと思ったくらい。なにしろ日本オープンだから」と語っていたにもかかわらず、フタをあけてみると5バーディー・2ボギー、3アンダーパー68のスコアで、首位タイなのだ。
それも、スタート直後の2ホールをボギー・ボギーと最悪な出だし。「連続ボギーで出たが、気持ちを切らさず、我慢できている自分を褒めながらプレーしたのが良い結果になった」と淡々としたもの。
ただし、「ホール・ロケーションは一部で、おかしい所もあったが、これだけ難解なグリーン傾斜ではどこにカップを切られても易しい位置はないはず」と自分を納得させていた。
バーディー・パットで最も長い距離は1番ホールの10メートルだけで、残りの4個は8メートル以内。6番パー3のバーディーなど8番アイアンをフェード・ボールで50センチにつけるファイン・ショットだった。
試合後の記者会見では終始笑顔だったし、「最終日の記者会見ではもっと長い話しをしたい」と結んだ。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約