2008年度(第73回)日本オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 ヒストリー オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
JGAオフィシャルスポンサー NEC 特別協賛 セイコースポーツライフ Hisamitsu
Championship [ 競技情報 ]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
日本オープン ハイライトムービー配信中
NHKで全国生中継予定
Championship Reports
競技報告
【石川遼、一時5アンダーで首位に立つ】
第1日 競技報告:武藤一彦    写真:Gary Kobayashi
「ドライバーで攻めるだけ攻める。それが僕のスタイル」と言い放った石川がスタートホールから見せた。ウイークデーに詰めかけた4014人のギャラリーは興奮の坩堝に入った。
412ヤードの1番ホール、ドラーバーを一閃、残り100ヤードまで飛ばす豪快なショットで一気に波に乗った。2番ホールのパー3で 1メートルにつけるバーディーで1アンダーパー。3番ホールのパー5は522ヤードをエッジまで運んだ。このホール、バーディーは惜しくも逃したが、同じ組の青木功、地元福岡の手嶋多一が林とラフで苦戦するのを見たギャラリーからは絶賛の拍手を浴びた。
4番ホール打ち下ろし。左に池が大きく口をあけるプレッシャーのかか
るホールでウオーターハザードのはるか先、残り60ヤードまで飛ばすと3メートルにつけるバーディー、続く5番ホール・パー5は2オンに成功、連続バーディーで3アンダーパー、8番ホールは2メートルをねじ込み、インコースに入って12番ホールもバーディーで5アンダーパー。

だが、すべてがフルショットの“破たん”もあった。ゴルフは厳しい。9番ホール、左林に入れたピンチは3番ウッドを脱出に使う“マジック”と好パットで逃れたが、14番ホール、セカンドショットがグリー手前バンカーで目玉、4オンの2パットのダブルボギーで勢いは止まった。続く15番ホールはラフ、18番ホールはフェアウエーバンカーの目玉とティーショットが狂いを見せるとボギーが続いた。
「ショットがいい時にスコアが出るのはうれしいが、当たり前のこと。ショットが悪くなった時にどれだけ我慢するか、が大事なのにできなかった」
ホールアウト後、冷静に分析した。「17,18番ホールあたりでは気持ちと体力の安定がなかった、乱れてるなと感じたが、そう思っていながら手ごたえが悪くなってしまった」と唇を噛んだ。調子のいい時にいいスコアは当然、悪い時にいかに耐えるかと課題を口にし、考え込んだ。
ただ一人5アンダーパーまでいった石川。一瞬でも“頂点”に立ちながら、しかし、満足感はない。「でも明日も、10年後も、おそらく僕は同じゴルフをしていると思います」といった言葉に意地がのぞいた。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約