2008年度(第73回)日本オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 ヒストリー オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
JGAオフィシャルスポンサー NEC 特別協賛 セイコースポーツライフ Hisamitsu
Championship [ 競技情報 ]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
日本オープン ハイライトムービー配信中
NHKで全国生中継予定
Championship Reports
競技報告
【野上貴夫&すし石垣】
第2日 競技報告:西澤 忠    写真:Gary Kobayashi
野上 貴夫
野上はこの日、3アンダーパー68と巻き返して、トータル3オーバーパー・単独6位に躍進、すし石垣は71・75の4オーバーパー、7位タイ。

地元・福岡出身の37歳、野上貴夫はここ古賀GCまでクルマで25分の距離に実家があり、今週の試合にはその実家からコース通い。「普段の味気ないホテル生活と違って、子供と一緒に寝ていられる生活だから、リラックスした気分。ただし、コースは昨年から月2~3回のペースで練習ラウンドをこなして来たので、参加選手中、僕がいちばんコースを知っているかも。でもその分、コース内の危険な箇所も知っているので、プレッシャーがかかる。昨日は慎重になりすぎ、ティーショットでドライ
すし石垣
バーを封印して逆に失敗、77を叩いてしまった。だから、今日は刻み作戦を止め、ドライバーを振ってフェアウェーをキープして、バーディ・チャンスが生まれたんです。5、6番ホールでバーディーとしたら、7番ホール(365ヤード・パー4)では、左ラフから100ヤードをサンド・ウェッジで打つと、直接入るイーグル! これで、残り2ラウンドが楽しみになった。予選を通過したら、週末には子供が応援に来てくれると、約束をしましたから」と微笑ましい。
一方のすし石垣はオーバー・アクションや奇抜なファッションでギャラリーを湧かすし、野上には地元の熱い視線が注がれるだけに、この絶好のチャンスを活かしたいところだろう。野上は今季の日本ツアー選手権で2位もあって、賞金レースの29位、すしは37位と健闘しているところだからである。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約