2008年度(第73回)日本オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 ヒストリー オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
JGAオフィシャルスポンサー NEC 特別協賛 セイコースポーツライフ Hisamitsu
Championship [ 競技情報 ]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
日本オープン ハイライトムービー配信中
NHKで全国生中継予定
Championship Reports
競技報告
【ホールイン・ワン二題。岩田寛&藤田寛之】
第2日 競技報告:西澤 忠    写真:Gary Kobayashi
岩田 寛
 この日、エースが2つ誕生した。一つは岩田寛の17番ホール、もう一つは藤田寛之の6番ホールで達成された。17番ホール、238ヤード・パー3のホールは、2ラウンド、237選手のパーオン率が18.140パーセント、平均ストロークが3.540と18ホール中第3位にランクされた難ホール。それは距離が長い上に砲台グリーンで、2~3メートルの深いバンカーが左右をガード、花道エプロンは5ヤード幅しかないことに要因がある。さらに、この日のホール・ロケーションは手前エッジから6ヤード、左4ヤードという左手前ギリギリに立つ厳しい設定。左のバンカーに打ち込んだこの日の石川遼がダブル・ボギーを打っている。「3番アイア
藤田寛之
ンでハイ・ドローを打った。ボールが手前カラーに落ち、ピンに寄って行き、消えるのが見えた。昨日は4番アイアンで、花道狙いの刻み作戦でパー。だから、今日は3番で打って、少し当たりが悪いので“ゴー!”と叫んでいました」と説明した。拾い上げたボールをギャラリーに投げ込んで喜んだ岩田だが、この時点で4オーバーを2オーバーにしたものの、その後に4つのボギーを打ち、この日73、トータル6オーバーパーなので、心底からは喜べないようだった。

 もう一人の藤田も表情は冴えない。なにしろ、この日76、トータル8オーバーパーの26位タイなのだから。6番ホール・148ヤード・パー3は、打ち下ろしなので、グリーンのセンターに立つピンの位置は視野に入っている。8番アイアンでのエース達成の瞬間が見えても、「あまりに酷いゴルフで、ホールイン・ワンも焼け石に水でした。でも、予選通過には役に立つでしょうが、そんなレベルでは納得行かないのです。とにかくショットが悪く、先行き不安なので・・・・」と沈痛な表情なのだ。それでも、「これも一生懸命にプレーしているご褒美なのかも」と残り2ラウンドに期すように、キリリと表情を引き締めた。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約