2008年度(第73回)日本オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 ヒストリー オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
JGAオフィシャルスポンサー NEC 特別協賛 セイコースポーツライフ Hisamitsu
Championship [ 競技情報 ]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
日本オープン ハイライトムービー配信中
NHKで全国生中継予定
Championship Reports
競技報告
【上井邦浩】
第3日 競技報告:西澤 忠    写真:Gary Kobayashi
 JGAハンディキャップ委員会が試合前に査定した「競技用コースレーティング」では、6,797ヤード・パー71で、74.6という驚異的な数字が出た最難関コースの古賀GC。選手の多くが「ボギーが出て当たり前」と自らを慰めるのも無理はない。だから、「ボギーを打っても落ち込まない。バーディを獲ってもはしゃがない」をモットーに、何処まで我慢のゴルフを続けられるか? そんな“忍耐の心棒”を胸の裡に飲み込んでプレーした選手が一人いた。上井邦浩、大阪府生まれの25歳。アマチュア時代には、’03~’04年のJGA男子ナショナル・チームのメンバーで、’04年の世界アマ(プエリトリコ)にも出場した選手。’04年日本
アマ選手権でセミファイナリストだったからだ。
 しかし、プロになってしばらく下積み時代を経験、これといった実績はないが、今大会には中部オープン優勝(レイクグリーンGC)の資格で出場したもの。71・72=143で予選を通過、第3ラウンドで多くの主力選手がスコアを落とす中、“我慢のゴルフ”を貫き通して73、トータル3オーバーパーで、なんと首位の片山晋呉に4打差の2位にランクされたのだから。
「アウトを1オーバーで折り返して、インに入ると我慢の連続。でも、我慢する気持ちのせいか、精神集中できました」とマイ・ペースを保持した。
最難関ホールの14番ホールを1パットのパーで切り抜けた後、15番ホールでバンカーに掴まり、17番ホールではグリーンに乗らず・寄らずのボギーを重ねる。しかし、そんな苦しさに耐えたお陰か、最終ホールでは“ご褒美”のバーディが待っていた。「残り123ヤードを9番アイアンで打ちました。少し右に打ち過ぎか?と思ったら、80センチメートルに寄ってくれました。我慢がこれで報われました」と会心のフィニッシュだったのだ。

 これで、明日は首位を行く片山選手とのペアリングで最終組。「緊張するかもしれないけれど、最高な気分です。明日も我慢のゴルフで行きます。ガマンする心は結婚して覚えたのかも?」と周囲を笑わせた。 

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約