2008年度(第73回)日本オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 ヒストリー オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
JGAオフィシャルスポンサー NEC 特別協賛 セイコースポーツライフ Hisamitsu
Championship [ 競技情報 ]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
日本オープン ハイライトムービー配信中
NHKで全国生中継予定
Championship Reports
競技報告
【怖い外国勢】
第3日 競技報告:武藤一彦    写真:Gary Kobayashi
ブレンダン ジョーンズ
クレイグ パリー
首位から5打差のブレンダン・ジョーンズは「明日はせいいっぱいやるだけ。トップとの差をできるだけつめたいね」と無欲。ショットはいいが、パットが悪く、この日は3パットが2回の計29パットは上位陣ではワースト。昨年は日本ツアーで3勝、勝てば日本シリーズに次いでメジャー2連勝だ。

首位から7打差だが、韓国系アメリカ人のハン リーも面白い存在。2歳で米移住、米UCLAバークレー校出身の31歳。「ドライバーを使ったのは2回だけ、あとはほとんど2アイアンで攻めた」パワーヒッターだ。190センチ、91キロの巨漢で大学時代はカナダアマなどに優勝、昨年日本のQTで日本ツアー参戦。今大会は地区予選からの出場だ
ハン リー
。「古賀のようなタフなコースは大好き、カタヤマとは7打差あるが、チャンスはある」

6位のドンファン〈韓国〉8位には12年前、古賀GCで勝ったクレイグ・パリー(豪州)もいて外国勢は侮れない。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約