2008年度(第73回)日本オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 ヒストリー オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
JGAオフィシャルスポンサー NEC 特別協賛 セイコースポーツライフ Hisamitsu
Championship [ 競技情報 ]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
日本オープン ハイライトムービー配信中
NHKで全国生中継予定
Championship Reports
競技報告
【石川遼 大収穫の2位】
第4日 競技報告:武藤一彦    写真:Gary Kobayashi
 石川が単独の2位、2回目の日本オープンで大きな成長を見せた。
「自分でいうのもなんだけれど、スイング、リズム、この1週間で磨いたものが、最終日に出せた。上達したなと思う」胸を張った。
2番ホール・パー3で3パットスタートも3,4番ホールを連続バーディーで波に乗ると、7番ホールも3メートル半を決めるバーディー。その後は何度もピンチをしのぎ、最後までパーをキープ、3アンダーパーの69、ベストスコアタイでホールアウト。
ドライバーショットが唸りをあげた。3番ホールのバーディーはフェアウエー真ん中、残り200ヤードまで飛ばし、2オンこそならなかったが、バンカーから1メートルに寄せるバーディー、
4番ホール・399ヤードは、残り80ヤードから2メートルに寄せた。7番ホールもピンまで60ヤードのところまでドライバーショットを高々と打ったあと、バーディーにつなげた。
ビッグドライブ、パワーゴルフ。今大会の石川を象徴するキーワードだ。「ドライバーで行きます」と宣言して終始、攻めた。6797ヤードとここ10年でもっとも短いヤーデージ。距離の短い日本オープンは、深いラフ、小さなグリーンと大きな松の難コースで、多くの選手がドライバーを封印、刻むゴルフに徹したが、石川は違った。曲げてもめげずにドライバーのフルスイング、その気迫に、さしもの難コースが脱帽といった感じだ。 
「プロになって徹底して練習したことが実った。日本オープンのコース、この舞台、本当に高いレベルの中で成績がついてきた。2位なんて信じられない」喜びは大きい。
2位賞金2200万円、プロとなって初めて手にするビッグマネーは、賞金ランク43位のルーキーの今季賞金を3931万円余、19位へと引き上げた。「日本シリーズにも出場したい。自分のゴルフをさらに底上げしたい。人1倍努力をして片山さんのような芯の太いゴルファーになりたい」
収穫の秋、ゴルフ界は大きな実りをあげた。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約