2008年度(第73回)日本オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 ヒストリー オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
JGAオフィシャルスポンサー NEC 特別協賛 セイコースポーツライフ Hisamitsu
Championship [ 競技情報 ]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
日本オープン ハイライトムービー配信中
NHKで全国生中継予定
Championship Reports
競技報告
片山が日本オープン3年ぶりの優勝で通算25勝、史上7人目の永久シード権を獲得
第4日 競技報告:武藤一彦    写真:Gary Kobayashi
 片山晋呉が日本オープン3年ぶりの優勝で通算25勝、史上7人目の永久シード権を獲得した。前日首位の片山はスタートホールをボギーと、不安のスタートを切ったが、3番ホールのバーディーで立ち直り、以後全ホールをパーで切り抜ける71、ただ一人アンダーパーの通算1アンダーパーで逃げ切った。
日本オープンは、3年前の広野についで2勝目。この優勝で片山は98年初優勝以来、25勝をあげ永久シード選手入りした。片山は優勝賞金4000万円を獲得、今季獲得賞金を1億2321万円とし賞金ランキングのトップに上がった。

 17歳の石川遼がこの日69、通算3オーバーパーで単独2位に食い込む健闘を見せた。3バーディー・1ボギーの69は、この日のベストスコアタイの好スコアだった。
 3位には4オーバーパーのブレンダン・ジョーンズ(豪州)、4位には7オーバーパーのドンファン(韓国)。5位には、前日2位の上井邦浩が食い込んだ。
 アマチュアの最高位に与えられるローアマチュアにはただ一人決勝ラウンドに進出した大田和桂介(日大2年)が初栄冠、全体の56位だった。

《最終日のハイライトムービー・インタビュー映像はこちら
《最終日のフォトギャラリーはこちら


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約