2009年度(第74回)日本オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
日本オープン ハイライトムービー配信中
新's あらたにす JGA3大オープン特集
NHKで全国生中継予定
Championship Reports
競技報告
【シャッター音に集中力をそがれた石川遼。プレーオフに持ち込むも…】
第4日 競技報告:塩原義雄    写真:Gary Kobayashi
一時は2打差をつけられる苦しい展開。石川は、懸命に追い上げた。単独トップでスタートした最終ラウンド。1番をバーディーにする絶好のスタートだった。大きな転機になったのは6番(パー5)ホール。第3ラウンドには、ティショットを池に打ち込みながらバーディーを奪ったホールである。

この日は、逆に、大きくスコアを崩すことになった。第3打がグリーン左手前のバンカーにつかまった。ピンまで距離のある難しい状況だった。イメージを描き、集中してアドレスに入った。そこで、カメラのシャッター音が…。

いったんアドレス態勢をほどいた石川は、思わずギャラリーに「すみません。カメラはやめてください」。これまで、こ
うしたことは何度もあったが、石川が直接注意することはなかった。日本オープンという舞台に立っている。常にない緊張感の中で、ありったけの神経を集中して1打に臨んできた。それを乱されることに、我慢できなかったのだろう。仕切り直してのショットは、大ホームランとなってグリーンをはるかにオーバーしていった。奥の林の中。ここからのアプローチショットもピンを大きくオーバーしてのダブルボギー。これで通算4アンダーパーとなり、先行する小田龍一に並ばれてしまった。9番でも3パットのボギーと、石川らしくないプレーが続いた。

ここからの追い上げだった。10、14番とバーディーにしてスタート時点の5アンダーパーに戻す。同じ組でラウンドしていた今野も15、16番と連続バーディーを奪って通算6アンダーパー。ここで今野と、先に18番をバーディーにしてホールアウトしていた小田がトップに並び、石川は1打差の3位という流れだった。

17番で左ラフからグリーンをとらえ、8メートルもあるバーディーパットを決めて小さく、何度かガッツポーズを繰り返した。6アンダーパー。トップタイに並んだ。そして、そのまま3選手によるプレーオフへの突入となった。

2ホール目。奥のカラーからのバーディーパットが、ホールの右縁で蹴られてしまう。「日本オープンという最高の試合で、しかもプレーオフという緊張のピークの中でのパッティング。自分で思っているよりも強くヒットしやすいと考えて、フックラインの曲がり幅を小さく設定して打ちました。でも、タッチが合いませんでした」

このあと、小田にウィニングパットを決められ、昨年に続いての2年連続2位という結果になった。

「呼吸が詰まるくらい難しいプレーが20ホールも続いた後だからでしょうか、終わったあとに、これほど清々しい気持ちになったのは、初めてです。プレー中のシャッター音? 今となっては神経質になりすぎていたのかもしれません。でも、できれば優勝してから言いたかったのですが、初めて観戦にいらっしゃった方や、ゴルフ観戦でのマナーを御承知でない方がいらっしゃるかもしれません。ぜひ、マナーを守って観戦、応援していただきたいと思います」

清々しさの後には-。

「きっと、口惜しさが込み上げてくると思います。その口惜しさをバネにして、残るトーナメントを戦い抜きます。そして、来年の日本オープンこそ…」

最後は言葉にしなかったが、一点を見つめるような真剣な表情から、思いは十分に伝わってきた。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約