2009年度(第74回)日本オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
日本オープン ハイライトムービー配信中
新's あらたにす JGA3大オープン特集
NHKで全国生中継予定
Championship Reports
競技報告
大会前第1日第2日第3日第4日
DAY4[第4日]
2009年度(第74回)日本オープンゴルフ選手権競技は18日、埼玉県の武蔵カントリークラブ・豊岡コースで第4ラウンドを行った。通算5アンダーパーの単独首位でスタートした石川遼は、前半38とスコアを崩す... 詳細はこちら

【小田龍一が日本オープン8度目となるプレーオフを制してツアー初優勝】
「まさか…。信じられません。まだ、フワフワしています」

石川遼、今野康晴とのプレーオフを制してツアー初優勝を果たした小田は、表彰式後も「アンビリーバブル」を連発した。

180センチの大型プ...
詳細はこちら
【シャッター音に集中力をそがれた石川遼。プレーオフに持ち込むも…】
一時は2打差をつけられる苦しい展開。石川は、懸命に追い上げた。単独トップでスタートした最終ラウンド。1番をバーディーにする絶好のスタートだった。大きな転機になったのは6番(パー5)ホール。第3ラウンド... 詳細はこちら
【自身4度目のプレーオフも勝ちきれなかった今野廉晴】
通算4アンダーパー。首位の石川遼に1打遅れてスタートした今野廉晴。「出だしの1番ホールでボギーを叩いてしまい…それでも、自分としては、よく盛り返したと思います」という今野は、ボギー先行の前半だった。1... 詳細はこちら
【藤田寛之の宮瀬博文ベテラン2人はともに通算-3で4位タイ】
最終ラウンドに69をマークして、上位グループに入り込んだ藤田と宮瀬。最終順位は4位タイ。「前半、ことごとくバーディーチャンスを外して…前半だけで、あと、3つか4つは伸ばせたと思うけれど、ショットは良か... 詳細はこちら
【関西OP、パナソニックOPに続き日本OPローアマチュアを獲得した藤本佳則】
大塚智之、松山英樹、川村昌弘ら後半のラウンドに残ったアマチュア選手を抑えて、見事にローアマチュアに輝いたのが、東北福祉大学2年生の藤本佳則である。今季、関西オープン、アジアパシフィックオープンゴルフチ... 詳細はこちら
【秋晴れの中、史上最年少優勝に向けて最終組の石川がスタート】
秋晴れの中、日本オープンゴルフ選手権競技の最終ラウンドがスタートしている。
昨日、コースレコードを更新する65をマークして通算5アンダーパーにスコアを伸ばし、単独首位でこの日を迎えた石川遼は、11時...
詳細はこちら
ページトップ
DAY3[第3日]
2009年度(第74回)日本オープンゴルフ選手権競技は17日、埼玉県の武蔵カントリークラブ・豊岡コースで第3ラウンドを行った。ムービングサタデーともいわれる第3ラウンド。石川遼が、7バーディー・ノーボ... 詳細はこちら

【石川遼がコースレコードで一気に首位に浮上】
7バーディー・ノーボギーの7アンダーパー65。石川遼が、第3ラウンドに大爆発した。64は、従来のコースレコードである67(1973年関東オープンの菊地勝司がマークした67)を更新するニューレコード。前... 詳細はこちら
【1打差2位の今野廉晴は日光の雪辱を】
3日目は、スコアが動く。4日間を起承転結にたとえるなら「転」の1日になる。まるでそんな喩えが見事に当てはまる日だった。9時28分スタートの石川遼が、前半を32でターンして、さらに10番ホールでもバーデ... 詳細はこちら
【星野英正が42人抜きで2打差の3位に】
15番までに9バーディー(1ボギー)で、この日だけで8アンダーパーと突っ走ったのが星野英正だった。昨年の日本ツアー選手権のチャンピオンで、難しいセッティングのコースほど持ち味を発揮するタイプ。4組後で... 詳細はこちら
【3打差の4位のスメイル。虎視眈々と2002年大会以来の戴冠を狙う】
ジワジワと迫ってくるという表現が当てはまるのが、デービッド・スメイルの存在だ。首位と3打差。「いいポジション」である。「前半、長いクラブがよくなくて、ボギー先行のゴルフだった。9番ホールで3メートルほ... 詳細はこちら
【矢野東はミスを反省しきり】
通算1アンダーパー。この日70でラウンドし5位タイにつけた矢野東。ホールアウト後、練習グリーンでつくづく反省していた。「3つのボギー、1つのダブルボギー…いまさら後悔しても仕方のないことですけど、バカ... 詳細はこちら
【藤田寛之は持ち前のショットがぶれて8位タイに後退】
通算3アンダーパーからイーブンに落とし、8位グループで最終ラウンドを迎えることになる藤田寛之。「(日本オープンに)相応しくないゴルフをしてしまいました」と、藤田らしい表現をした。「スタート前は、ショッ... 詳細はこちら
【石川遼がコースレコードを更新する65で通算-5に】
日本オープンゴルフ選手権競技の第3ラウンドは曇り空のなか、スタートした。
ムービングサダデーと呼ばれる第3ラウンド。通算2オーバーパーで1番ホールをティオフした石川遼が7バーディー・ノーボギーの完璧...
詳細はこちら
ページトップ
DAY2[第2日]
2009年度(第74回)日本オープンゴルフ選手権競技は14日、埼玉県の武蔵カントリークラブ・豊岡コースで第2ラウンドを行った。快晴微風の絶好のコンディションとなった第2ラウンドだったが、時間がたつにつ... 詳細はこちら

【紛失球にもめげずに通算3アンダーパーをキープした藤田寛之】
10番ホールからのスタートとなった第2ラウンド。藤田は、いきなりトラブルに見舞われた。ティショットが左林に飛び込み、木に当たった。そこまではわかっていたのだが、ボールは、どこにはねたのだろう…打ち込ん... 詳細はこちら
【飛距離が魅力のハン リーが方向性重視の作戦で首位タイに】
スタート前の練習場で、ドライバーやフェアウェイウッドで、しきりに低い弾道のボールを打つ練習をしていた選手の一人が、このハン リー(Han LEE)である。「こういう林間コースでは、低い弾道のボールで、... 詳細はこちら
【片山晋呉は思惑とおりの展開に】
「この2日間、最高です。イメージしている日本オープンの第1、第2ラウンドになったと思う」とこの日、70の2アンダーパーで首位に1打差の3位タイにつけた片山晋呉。虎視眈々というよりも、むしろウイニングロ... 詳細はこちら
【3位タイグループの宮本勝昌と丸山大輔】
宮本勝昌 2バーディー・1ボギーの72》
粘りのゴルフでトップに1打差の3位グループに名を連ねた宮本は、ホールアウトして「今日は、苦しかった」と第一声。「ホールロケーションは難しいし、自分のショッ...
詳細はこちら
【アマチュア3人の争い】
アマチュア選手の松山英樹、大塚智之が通算イーブンパー、12位タイと大健闘している。続いて、1オーバーパーの21位タイで川村昌弘が続き、ローアマチュア争いも熾烈になってきている。自身初の日本オープンで2... 詳細はこちら
【通算2オーバーパーに後退も石川遼は「まだ、いける!」と強気】
第2ラウンドの石川は、76とスコアを崩し、通算2オーバーパーへと後退した。3バーディー・5ボギー・1ダブルボギーと出入りの激しい内容で、ドライバーショットもラフに打ち込むシーンが目立った。やはり、強行... 詳細はこちら
【賞金ランキング2位の池田勇太はギリギリで後半のラウンドに進出】
通算5オーバーパーでの予選通過。「ギリギリでセーフだったね。予選落ちだと思ったけど、通ったよ。朝からボギーばっかりだし、入れごろのパットがちっとも入らない。きのうと一緒。今日もダメだと思った」
それ...
詳細はこちら
【好天の中、熱戦が続く】
日本オープンゴルフ選手権競技は第2ラウンドの16日も好天に恵まれた。10時現在で約5600人のギャラリーが訪れている会場の武蔵カントリークラブ・豊岡コース。多くのギャラリーの注目を集めている石川遼は、... 詳細はこちら
ページトップ
DAY1[第1日]
2009年度(第74回)日本オープンゴルフ選手権競技は15日、埼玉県の武蔵カントリークラブ・豊岡コースで第1ラウンドを行った。秋晴れのこの日、首位に立ったのは4アンダーパーをマークした山下和宏野仲茂... 詳細はこちら

【明暗を分けた昨夜半の驟雨】
第1ラウンド前夜…。武蔵カントリークラブ・豊岡コース(埼玉県)の周辺は、驟雨に見舞われた。ときおり雷を伴う雨で、コースのコンディションは、選手たちの思惑に、少なからず影響を及ぼした。
「雨が天の恵み...
詳細はこちら
【日本オープン初出場 39歳の野仲茂がトップタイのスタート】
得意クラブはドライバー。でも、そのドライバーの出番は少なかった。39歳にして日本オープン初出場を果たした野仲は、大会前日の練習ラウンドで緻密な攻略メモを作っていた。ショットの調子もよかった。ならば、得... 詳細はこちら
【五十嵐雄二はツアー選手権に続いての戴冠なるか】
今季、プロ入り後苦節17年にして、日本ツアー選手権で初優勝を遂げた五十嵐雄二が、3アンダーパーで3位グループについた。五十嵐は、苦労人だけあって難しいコース、ホールで、スコアをまとめてくる技量と粘りが... 詳細はこちら
【日置豊一が9番パー3でホールインワンを決め3アンダーパーに】
10番ホールからスタートした選手にとって最終ホールになる9番パー3。日置が、最高のプレーで第1ラウンドを締めくくった。187ヤードで手にしたクラブは5番アイアン。
「インパクトの手応えは、十分でした...
詳細はこちら
【成長を感じさせる石川遼のプレー】
2アンダーパーと好位置での発進となった石川。プレジデンツカップからのトンボ返りでの出場にも「体調は、自分が考えていた以上にいいですし、時差ボケもありません」ということで、大ギャラリーを引き連れて気持ち... 詳細はこちら
【連覇を狙う片山晋呉は静かなスタート】
「いちばん、いいスタートじゃないですか」という片山晋呉のコメントは、単純なようで深い意味合いすら感じる。この日は、パープレー。21位タイ。首位グループと4打差。これが、いちばん、いいスタートというのは... 詳細はこちら
【アマチュアの松山英樹が-2で10位タイにつける】
3バーディー・1ボギーの70。21人が出場したアマチュアでは、もちろんトップ。全体でも石川遼らとともに10位タイと好スタートを切ったのが松山英樹。日本代表として昨年の世界アマに出場したほか、今年の日本... 詳細はこちら
【最年少出場記録更新の伊藤誠道は苦戦のラウンド】
8月8日、14歳になったばかりの伊藤誠道は、日本オープン最年少出場となる。これまで2004年片山津での日本オープンで、伊藤涼太が14歳103日で最年少出場記録を持っていた。その記録を35日破る14歳6... 詳細はこちら
【混戦模様の第1ラウンド。選手たちの思惑】
《永野竜太郎 3アンダーパーで3位タイ》
5バーディー・2ボギーの3アンダーパーで回った21歳の永野竜太郎は、12時03分、最終組の3つ前でスタートした。昨年までアマチュア選手として日本オープンに出...
詳細はこちら
【午前スタートが全組ホールアウト。野仲茂が-4でホールアウト】
秋晴れの中、第1ラウンドが行われている2009年度(第74回)日本オープンゴルフ選手権競技。12時現在で約7000人のギャラリーが観戦に訪れ、大変な盛り上がりを見せている。
午前スタートの20組がホ...
詳細はこちら
【第1ラウンドがスタート】
2009年度(第74回)日本オープンゴルフ選手権競技の第1ラウンドがスタートした。前半のスタートは、第1組が1番ホールから7時、第11組が10番ホールから7時4分にティーオフしている。
会場の武蔵カ...
詳細はこちら
ページトップ
PREVIOUS DAY[大会前]
2009年度(第74回)日本オープンゴルフ選手権競技が明日15日、埼玉県の武蔵カントリークラブ・豊岡コースで開幕する。指定練習日の14日、1886人のギャラリーが見守る中、出場選手は第1ラウンドに向け... 詳細はこちら

【組合せ・スタート時刻を発表】
2009年度(第74回)日本オープンゴルフ選手権競技の第1ラウンド・第2ラウンドの組み合わせとスタート時刻が決定しました。
本選手権は埼玉県の武蔵カントリークラブ・豊岡コースで、10月15日(木)か...
詳細はこちら
【メディア・デーを開催】
本年度日本オープンゴルフ選手権競技の開幕を1ヵ月後に控えた9月7日、会場の武蔵カントリークラブ・豊岡コースでディフェンディングチャンピオンの片山晋呉を迎え、メディア・デーを開催した。
メディア・デー...
詳細はこちら
ページトップ
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約