2010年度(第20回)日本シニアオープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
新's あらたにす JGA3大オープン特集
NHKで全国生中継予定
NHKニュース and  スポーツ
本大会は、(財)上月スポーツ・教育財団の
助成を受けています。
Championship Reports
競技報告
【-2で水巻と丸山が暫定首位に立つ】
第1日 競技報告:JGA    写真:JGA
2010年度(第20回)日本シニアオープンゴルフ選手権競技は28日、兵庫県の鳴尾ゴルフ倶楽部で第1ラウンドを行った。

台風14号と秋雨前線の影響により、早朝から氷雨が降り続く厳しいコンディションとなったこの日、7時35分には悪天候のため競技が中断され9時4分に再開されるも、日没サスペンデットのために17時1分に第1ラウンドはサスペンデッドとなった。

ホールアウトした28組の選手のうち、暫定トップに立ったのは、2アンダーパーをマークした水巻善典丸山智弘の2人。また、4年連続2位と苦杯を舐め続けている室田淳が1打差の3位タイで後を追う展開。この他、プレー中の選手では大会4度目の優勝を
狙う
中嶋常幸が16番ホールを終えて1アンダーパー。同じく4度目の戴冠がかかる髙橋勝成が17番ホールを終えてイーブンパーの5位タイにつけている。日本プロとの同年メジャー2冠の期待がかかる加瀬秀樹と、ディフェンディングチャンピオンの渡辺司は、ともに3オーバーパーの19位タイでプレーを終えた。

明日は第1ラウンドのプレーを6時45分に再開し、第2ラウンドは定刻スタートを予定している。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約