日本シニアオープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
2009年大会ハイライト
大会の歴史
歴代優勝者
過去の大会
本選競技日程
JGA HOME
新's あらたにす JGA3大オープン特集
NHKで全国生中継予定
携帯でも動画配信!NHKニュース&スポーツ
本大会は、(財)上月スポーツ・教育財団の
助成を受けています。
Championship Highlight 2009
2009年大会ハイライト
2009年度(第19回)日本シニアオープンゴルフ選手権競技
2009年10月29日〜11月1日 琵琶湖カントリー倶楽部 栗東コース・三上コース 参加者数:108名 アマチュア:12名
1st Round
大会4勝目を狙う高橋勝成が-5で単独首位に。水巻善典、室田淳らが後を追う展開に
高橋 勝成 水巻 善典
第1Rで首位に立ったのは、67をマークした高橋勝成。
50歳代最後のシニアオープンとなる高橋は、「最後のビッグチャンスになるかも」という悲壮な決意でスタート。その強い思いが琵琶湖CC・栗東/三上の難グリーンの攻略に繋がったのかバーディチャンスをことごとく決めて見せた。

2打差の2位には水巻善典。さらに1打遅れて室田淳、陳志忠と初優勝を狙う実力者が続く。連覇を狙う中嶋常幸は、体調不良もあってショットメイクに苦しみイーブンパーの10位タイでこの日を終えた。

2nd Round
悲願の初優勝を狙う室田が首位浮上。実力者が上位を独占し、優勝争いは混戦に
室田 淳 尾崎 健夫
首位タイでスタートした高橋は、途中通算-7までスコアを伸ばし独走態勢を築くかと思われた。しかし、その矢先に4番でボギー、5番ではダブルボギーと一気にスコアを崩して通算-4で水巻、とともに首位と1打差の2位に後退した。

高橋を逆転したのは、3大会連続で2位と苦杯を舐め続けている室田だった。この日の室田はティショットが乱調でなかなかパーオンできない苦しい展開となったが、1番のチップインイーグル、4番のチップインバーディ、6番でのチップインパーと3度のアプローチショットを好スコアに結びつけた。

室田とともにこの日注目を集めたのは20位タイでスタートした渡辺司。渡辺は、この日のベストスコアタイとなる68をマークして通算-3にスコアを伸ばし4位タイにつけた。
この他、上位には尾崎健夫、水巻ら実力者がつけている。なお、この日カットが行われ、通算+8、56位タイの60人が後半のラウンドに進出した。

3rd Round
ベストスコア66をマークした渡辺が通算-9で単独首位に。7連続バーディの中嶋らが上位に浮上
中嶋 常幸 渡辺 司
ムービング・サタデーといわれる第3R。選手たちは揃って攻めのゴルフにスイッチを切り替える。ディフェンディングチャンピオンの中嶋が見事にスイッチを入れて見せた。

前半で2つスコアを落としながら、後半で7連続バーディを奪うなど、この日68をマーク。通算-5とし、尾崎健夫とともに4位タイに順位を上げた。
その中嶋を上回るプレーを見せたのが渡辺。渡辺は前半をイーブンパーでまとめると、後半5連続を含む6バーディを奪いベストスコアの66をマーク。通算-9にスコアを伸ばし、初優勝に大きく前進した。
1番でイーグルを奪った高橋、首位スタートの室田はともに通算-6で2位タイにつけている。

4th Round
紆余曲折の末、渡辺司が通算-8で初優勝を果たす
﨑山 俊紀(左)と渡辺 司(右)
 
シニアオープンの優勝杯をめぐって熱い戦いが行われた第4R。勝負の流れを決めたのは、天候だった。

途中から振り出した雨は、徐々に気温を下げて出場選手の体力と集中力をそぎ落としていく。8番を終えて通算-8で渡辺と中嶋、尾崎が首位タイに並ぶと、優勝争いから最初に脱落したのは満身創痍の中嶋だった。

中嶋は、11番ダブルボギー、12番ボギー、15番トリプルボギーとスコアを落とすと、尾崎も9番でダブルボギーを叩き、渡辺に有利な展開に。
しかし、シニアオープン初優勝を目前とする渡辺に立ちふさがったのが、4度目の正直を狙う室田だった。室田は16番でバーディを奪い渡辺と同スコアに並ぶ。しかし、最終ホールでボギーを叩き、通算-7でホールアウトし、最終組の渡辺を待つ。

一方の渡辺は17番で最大のピンチを迎える。ティショットを大きく右に曲げ、林へと続く急斜面に打ち込むと、急激な左足下がりのライからのアプローチはバンカーに。「ダブルボギーも覚悟した」という渡辺だったが、このバンカーショットをピンに寄せてボギーで凌ぎ、室田に1打差の通算-8で最終ホールを迎えた。このホールの2打目。残り167ヤードを6番アイアンで放ったショットがピン奥6メートルにつく。渡辺はバーディパットは外したもの、慎重にパーパットを沈めて、「憧れのタイトルだった」シニアオープン優勝杯を手中に収めた。

なお、通算+6で全体の16位タイに入った﨑山俊紀が自身3度目となるローアマチュアのタイトルを獲得した。

 
2009年度 (第19回) 日本シニアオープンゴルフ選手権競技 成績はこちら
ページトップ
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約