2010年度(第20回)日本シニアオープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
新's あらたにす JGA3大オープン特集
NHKで全国生中継予定
NHKニュース and  スポーツ
本大会は、(財)上月スポーツ・教育財団の
助成を受けています。
Championship Reports
競技報告
【丸山智弘はOBにもめげず暫定トップタイ】
第1日 競技報告:塩原義雄    写真:Gary Kobayashi/Kentaro Shiba
2アンダーパーで迎えた9番パー4。丸山のティショットは左斜面に引っ掛かってOBゾーンに消えた。これで、貯金を全て吐き出してしまったのだが、インにターンして再びチャージが始まった。10番で5メートルのパットを沈めたのが再浮上のきっかけだった。12番パー3ではピンそば30センチ、続く13番は1.5メートル。さらに14番では4メートルを決めての3連続バーディ。15番ではピンチをしのいで、ふと自分のスコアを振り返った。
「えっ、4アンダーパー? 確かOBを打っていたはずなのに…」

実は、この一瞬の立ち止りが、せっかくの流れに竿をさす結果を招くことになった。16番で3パット、18番では第2打をミ
スして終盤の3ホールで2ストロークを失ってしまった。
「4アンダーパーになったところで、なんだか、プレッシャーを自分に与えてしまったような感じです。まだ、第1ラウンドだというのに、何やってるんでしょうね。それにしても、この難しいコースで7バーディですよ。これは、凄いでしょ?」

先週から新しいドライバーを使い始めたという。グリップがちょっと太めだったことだけが気になったので、細めのものを頼んだところ、しっかり大会第1ラウンド前に届けられた。その新ドライバーで「飛距離も伸びているし、OBの一発以外は、完璧なショットを打てた。それが、7バーディにつながったと思う。明日は、一発もミスしないで、貯金を増やしますよ」

暫定ながらトップタイの丸山に終盤の乱れや、OBの後遺症は、まったく残っていなかった。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約