2010年度(第20回)日本シニアオープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
新's あらたにす JGA3大オープン特集
NHKで全国生中継予定
NHKニュース and  スポーツ
本大会は、(財)上月スポーツ・教育財団の
助成を受けています。
Championship Reports
競技報告
【室田淳は腰痛を騙しながら1アンダーパー】
第1日 競技報告:塩原義雄    写真:Gary Kobayashi/Kentaro Shiba
この大会、昨年まで4年連続で2位という「ありがたくない記録」を残している室田淳が1アンダーパーにスコアをまとめて汚名返上に好スタートを切った。難易度の高い10番ホールからのスタートで、第2打をいきなりピン左1.5メートルにつけてのバーディを奪った。

「僕は、目標スコアというのは設定しない。それをやると、妙なこだわりが生まれて自分を縛ってしまうからね。だから、こういう難しいコースでは、とにかくパープレーを基準にして、あとはその日の自分の調子、ゲームの流れでスコアをまとめていくようにしている」
となると、幸先のよいバーディで、いい流れに乗れたのでは?
「いや、スタートホールのバーディとい
っても、あくまでも18(ホール)分の1だから、調子に乗ってはいけないし、油断は禁物で、逆に気持ちを引き締めるようにした」
13番ではティショットを左の林に打ち込んでボギー、14番パー5ホールでは、第3打をピンそば50センチにつけてのバーディ。さらに16番でボギーの後17番でバーディ。確かに波に乗ってのプレーが続いたとは言えないゲームの流れではあった。1アンダーパーでアウトにターンして、バックナインは1バーディ・1ボギーのパープレー。結局、1アンダーパーでのホールアウトとなった。
ホールアウト後は「スコアは満足、内容は不満足というゴルフかな。まあ、パープレーを基準にしてアンダーパーだったのだから、いいスタートを切れてひと安心といったところですね」

実は、日本シニアプロゴルフ選手権で腰を痛めてしまったという。「疲労がたまっているのはわかっているけど、もう残り試合が少ないから、意地を張ってやり通している。この日本シニアオープンでも、結果はわからないけど、やっぱり優勝争いはしたいからね。意地で頑張りますよ」
4年連続2位。それは、4年続けて優勝争いを演じ続けてきた証でもある。今年こそ…。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約