2010年度(第20回)日本シニアオープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
新's あらたにす JGA3大オープン特集
NHKで全国生中継予定
NHKニュース and  スポーツ
本大会は、(財)上月スポーツ・教育財団の
助成を受けています。
Championship Reports
競技報告
【イーブンパーの湯原信光は合格点と自画自賛】
第1日 競技報告:三田村昌鳳    写真:Gary Kobayashi/Kentaro Shiba
イーブンパーでホールアウトした湯原信光は、3バーディ・3ボギーの内容だった。暫定5位タイ。好位置につけている。その湯原は、この鳴尾のコースを、こう表現した。
「川奈の大島コースと富士コースを足して2で割ったような感じですね。そして、前半は、球筋をどうやって曲げながら攻めて行くかを問われて、後半に雄大さを見せてくれて、最後の3ホールで、またキュッと引き締めさせられるコース。つまり緩急のリズムが凄くよくできているコースだと思います」と語った。
日本という地形、風土をしっかりとベースにしながら、ゴルフゲームをする場(コース)の原型をしっかりと見せてくれている。

曲げるボールを駆使して攻めて
行く楽しみというのは、道具の進化によって、いまはほとんどそういうゲームの組み立てはなくなっている。「そうですね、例えば、いまの道具だと、昔の3分の1しか曲がらないんですよ。だから、ある意味、曲げるほうが難しいくらい(笑)。しかも、1打ごとに、どう打たなければいけないかが問われますからね。かと言って、我慢だけのゴルフでもダメなんです。うーん。言葉で言い表すとすれば、ボールを目の前にして、潔く、正しくプレーできるかどうか、が問われますよね」と言った。この日のプレーを「合格点です」と評価している。

「(試合展開の)先がまったく読めないですね。天候もどうなるか解らないし、怖さ知らずで走りきれるかどうかと言えば、そういうコースではないし、怖さを知っていても、守るだけではだめですからね」と言った。
湯原は「懐かしい風景」だと言った。それは、コースでプレーしていると、パーシモン時代の豊富な球筋やスピンコントロールを要求してくるし、極めて小さなグリーンを攻めるために、グリーン回りの技量も求めてくる。その懐かしさが、とても新鮮だという意味である。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約