2010年度(第20回)日本シニアオープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
新's あらたにす JGA3大オープン特集
NHKで全国生中継予定
NHKニュース and  スポーツ
本大会は、(財)上月スポーツ・教育財団の
助成を受けています。
Championship Reports
競技報告
【2ホール残してサスペンデッドとなった中嶋常幸は1アンダーパー】
第1日 競技報告:塩原義雄    写真:Gary Kobayashi/Kentaro Shiba
フロントナインは、ボギーなしで3バーディ。完璧な内容で中嶋常幸は雨の中の戦いをコントロールしていた。後半にターンした10番パー4に落とし穴があった。ティショットを右に。木に当たってラフ。2打目でフェアウェイへの脱出を図るものの、ボールは同じラフにつかまったままだった。ダブルボギー。そして続く11番では第1打がまたもや右に。そして深いラフにすっぽりと潜り込んでしまった。ボギー。
2ホールで3打を失い、パープレーにまで戻る。この後2ホール続けてのパーとし、14番パー5のバーディで再びアンダーパーの世界に。波のあるゴルフとなってしまったが、中嶋の心は穏やかだった。

「僕がJGAの主催する大会が好きなのは、コースと戦えるから。コースとの戦いでは、一喜一憂することはない。もっと深い戦いだと思っている。だから、16番までいって1アンダーパーになっている、というだけ。15番ホールからボールもグリーンも見えなくなってきていたから、日没サスペンデッドは仕方がない。気を抜かず、最後までじっくりと(コースとの)戦いを続けていく。人を意識するのは、最終ラウンドのバックナインに入ってから」
それまで中嶋の頭にあるのは、「僕が知っている限り、日本での最高のコース」と絶賛する鳴尾GCとの戦いだけだ。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約